« 大森駅ホームの柱 | トップページ | 台湾旅行の動機 »

2004.09.04

海外は苦手

今日、ある懇親会の席にて…。向かいの席の人にこんな質問をされました。

「あなたは、海外に移住したいとか、海外で働いてみたいとか思ったことは無いの?」

で…私はその質問に対して、きっぱりと断言しました。

絶対にいやです」

精神的にちょっと安定を欠いてるところにビールとパキシルが入っていたせいか(ぉぃ)、かなり過剰に強調してしまったかな…。

治安が悪かったり、言葉や文化や気候の違いでストレスが溜まりそうな海外生活。旅行で行くのならまだしも、住んだり働いたりするのは何としても願い下げだと、私は当然のように思ってしまうのですが…。

「でも、日本にいるよりも海外のほうが、自分の能力や可能性をずっと広げられると思うよ」

そう言われて、私は「あぁ、なるほど…」と改めて気付かされました。自分は「出世したい」とか「能力をもっと高めたい」とか、そういった向上心という奴が思いっきり希薄なんだな…と。そういう奴にとっては、海外移住なんて、わざわざリスクを高める行為以外のなにものでもない、というわけです。
ううむ…。「自分はどうせ駄目な奴だ」とか、「努力したって報われるわけがない」という観念が、どうも私の心からはなかなか抜けていないようです。ふぅ。

このBlogに付けた副題、「好奇心至上主義」…には、実はそんな思いも含まれていたりします。
向上心の希薄な私にとっては、何かに夢中になって打ち込む原動力として一番大きいのは、何よりも「好奇心」だから…というわけです。

# もっとも、今こうして「早く今日の記事を書かないと、Blog更新が一日空いてしまう~」と焦りながら文章を綴っているのは、別に好奇心に突き動かされてるからではないのですが…。(汗;;;).

|

« 大森駅ホームの柱 | トップページ | 台湾旅行の動機 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50860/1358551

この記事へのトラックバック一覧です: 海外は苦手:

« 大森駅ホームの柱 | トップページ | 台湾旅行の動機 »