« 旅行記三本並行書き | トップページ | 評論家評論家への道 »

2004.11.08

「データ」に宿る魂

今日、2ちゃんねるの某鉄道関連スレッドを読んでいたら、次のFlashが紹介されていました。(11月末までの限定公開だそうです)

ttp://hisasouseki.hp.infoseek.co.jp/toki325.html#flash

2ちゃんのあちこちの板の鉄道関連スレッドで紹介されていて、「泣いた…」というレスが数多く付けられていたので、私もちょっと見てみましたが…。
泣きました。久々に、泣けるFlashに出会えることができたものです。

これは、上越新幹線の「とき325号」の地震での脱線事故を扱ったFlash動画です。
時速210キロで直下型地震に見舞われて、脱線したにもかかわらず、転覆もせずに負傷者ゼロで停止したという、あの奇跡のような出来事…。それを、何とも泣けるような感じで紹介しています。

このFlashの初出となったのは、2ch臨時地震板の以下のスレッドです。
(既に1000レスを超えているので、もうすぐDAT落ちかも)

【(・○・)】 上越新幹線とき号 【JR束】 http://live18.2ch.net/test/read.cgi/eq/1098777655/

1 :M7.74 :04/10/26 17:00:55 ID:QTUjJCrK
(・○・)痛かったよう、でもお客さんにはけがさせなかったよ…

この>>1も、何だか、じーんと来るような台詞でした。
それに、(暫く前から見かけたことはありますが)この新幹線の顔文字(・○・)、この可愛らしさもやはり印象に残るものでした。

(この文章の続きには、Flash動画のネタバレを含んでいますのでご注意下さい)

Flashの後半で、ときタンはこう語ります。

(・○・) またお客さん乗せて走りたいけど…
(・○・) ぼくはもうすぐ車体に掛かった負荷とかを測定されて…
(・○・) 脱線の原因調べるために…
(・○・) 解体されるよ。

既に解体が決まったかどうかは、前記のスレッドを見た限りでは確かなソースは無さそうでした。しかし、常識的に考えれば確かに、原因調査の材料にされて最終的にバラバラにされてしまう、というのは順当な予想ではありますよね…。

(・○・) でも悲しまないで…
(・○・) ぼくは消えるわけじゃない。
(・○・) 新型車両のデータになるんだよ。
(・○・) ぼくはまた生まれかわるんだから…
(・○・) またいっしょに旅しようね。

ここで私は本当に涙しました。「新型車両のデータになるんだよ」…思い出すだけで目が潤んでくるようです。

先のスレッドから引用してみます(無断引用スマソ)

901 :M7.74 :04/11/07 22:22:18 ID:3vYYCVse
こういう風に機械に感情移入できる精神性ってのはアニミズムから来てる
日本独特のものなのかねえ?
俺もフラッシュ見て目が潤んじまったよ。

939 :M7.74 :04/11/08 00:02:33 ID:6R8xYvOb
>>901
鉄腕アトムの影響が大かと。
欧米では宗教上の理由で人型ロボットは抵抗あるらしいけど日本じゃ
昔から鉄腕アトムとか親しみやすいようなイメージがあるからね。
アシモもアトムに影響されてるんでしょ?

941 :M7.74 :04/11/08 00:08:18 ID:Wp3EmsZL
>>939
逆じゃないかな。
元々、全てに神が宿るという日本独特の心が、アトムを生む土壌になったと思う。
そして、電車やら弁当やら、果ては便所に至るまで全てに神を見出す精神性が、
何に対しても芸術性を求める美的感覚、丁寧な物づくり、そして職人が尊敬される
土壌にもなっているのでは。

私が思うに…これは形のある物に対してだけでなく、実際の形を持たない「データ」に対しても言えることなのかな、という気がします。
あの脱線した「K25編成」の魂は、技術者の解析によって得られた「データ」へと宿り先を変え、そして将来の新型車両の中へ「地震脱線対策の技術」という形で静かに宿っていく…。
その魂、その技術に護られながら、またあの「ときタン」といっしょに旅ができる日が来るのでしょう。本当にそうなってほしいと、願ってやみません。

と…ここまで今日のブログ記事の構想を考えたところで、ふと自分の仕事のことを思い出してみます。
本当は、私はブログには自分の仕事関連のネタを書かないという方針なのですが…、それでも「SEの端くれとして、他人様のデータを管理し、お守りする立場にある」という程度までなら、書いても差し支えないでしょう。

正直、ちょっと退屈な仕事だという気持ちではあります。
でも、「一見無味乾燥なデータにも、それが生まれた背景があり、そこに関係者たちの気持ちが込められている」ということを思い出し、「物質としての形の無い『データ』にも『魂』は宿りうる」と考えてみるならば…。
今の私の仕事にも、少し張り合いが出てくるような気がしてきました。

「ぼくは消えるわけじゃない。新型車両のデータになるんだよ」

明日、もし再び仕事中に眠くなることがあるならば、この「ときタン」の台詞を思い出してみようと思います。

| |

« 旅行記三本並行書き | トップページ | 評論家評論家への道 »

微妙だけども真面目な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「データ」に宿る魂:

» (・○・)。 [ごんたんご]
納ちゃん殿のブログで見た、このFlash。 鉄ヲタには絶対見て欲しい。泣くって、コレ。 http://hisasouseki.hp.infoseek.c... [続きを読む]

受信: 2004.11.10 22:21

» このフラッシュ(上越新幹線「とき325号」)で泣きました・・・(新潟中越地震) [めかりんだいありぃ]
remiちゃんの所で見た、中越地震で脱線した「とき325号」のフラッシュ(まんなか辺の乗車をクリック) 見て、ワタシも泣きました。 (・○・)痛かったよ... [続きを読む]

受信: 2004.11.17 13:46

« 旅行記三本並行書き | トップページ | 評論家評論家への道 »