« なぞの代替バス | トップページ | 体重増えたけど… »

2005.05.03

今回の旅のまとめ

東武東上線の急行池袋行き。座席でウトウトしていたら、電車の停車で目が覚めました。
どの辺かなと思ったら、周囲の客がみんな降りていきます。あ、もう池袋に着いちゃったんだ…。時刻は午後1時前でした。

今回の「磐越めぐり旅行」も、これでとうとうお開きです。

それでも、すぐには帰宅せず、夕方まで池袋で休日の街歩きで過ごします。

まず、駅からサンシャインへの途中にある某メイド喫茶に入ってみました。(ここは私には今ひとつ好みに合わなかった…)
次に、ビックパソコン館に行って東芝新型リブレットの展示機に触れ、そしてパンフレットを貰ってみました。(ううむ、画面がさすがに細かすぎ…^_^;)

そういえば、連休中はサンシャインで「プラレール博」があるんだったな…。
混雑するサンシャインの中を会場まで行ってみると、入っていく人は殆ど家族連ればかり。ここに一人で入るのは…ちょっと躊躇しましたが、結局入ってしまいました。
色々なプラレールが走り、周囲で子供たちが歓声をあげている風景。眺めていると飽きません。
というか、細かく見ていくと、こんなものまで商品化したのかよ…と半分あきれてしまうほどでした。小田急の新型ロマンスカーもあれば、「SLばんえつ物語号」もあれば、果ては車内に検査員が乗り込んだ「East-i」(JR東の新幹線軌道検査列車)まで…。

プラレール販売会場に進んだ私は、「SLばんえつ物語号セット」の箱が積んである前に、つい立ち止まってしまいました。
今回の旅の思い出の列車ですが、買うか買わないか、数分ぐらい迷い続けたものです(苦笑)。でも結局買いませんでしたが。

夕方6時、池袋から湘南新宿ラインに乗って、ようやく帰途につきました。
ついついグリーン車に乗車。グリーンアテンダントのお姉さんからビールを買い、飲みながらこの文章を綴っています。(帰宅したらさっそくブログに上げよう…と)

さて、今回の旅のまとめを書きたいところですが…。
何だか、色々な要素がごった煮になったような感じで、なんとも一言ではまとめられない旅になりました。
箱根湯本出発前に入った温泉露天風呂、箱根から鬼怒川まで駅を数えつつ進んだ「パスネット最長各駅ルート」、今市の古いホテルと古いスナックでの休息、会津鉄道沿いの桜の風景、久々に訪れた喜多方の町歩きと利き酒、親子連れで賑わうSL列車、原色のサークルが並ぶ寺尾公園、新潟のメイド喫茶での昼下がり、そして今日乗ったローカルバス…。

この中で一つだけ、一番印象に残った場面をあげるとしたら…。

「SLばんえつ物語」が途中で給水停車する駅や、終点の新潟駅では、運転台の周囲には数多くの乗客が群がっていました。
そして、親子連れに記念撮影を頼まれると、若い運転士(昔の言い方だと機関助士ですが、今のJR東日本の名札では運転士となっています)が、本当に嬉しそうな笑顔で応じていました。

SL運転を末長く続けるためには、単にSLを整備するだけでなく、運転や整備ができる若い人材を育てなければなりません。そうしないと、昔からの機関士はみんな引退してしまい、やがて誰もSLを動かせなくなってしまいます。
そのため、JR東日本の社内教育課程の中には「SL運転士養成」が、ちゃんと存在するそうです。
この若い運転士、きっと、小さい頃から「SLを運転したい」という夢を抱き、そしてJRで社内教育を受けて、それを本当に実現させてしまったのでしょう。
今の時代…SLは観光列車用にしか残っていない現在に、それを実現させたというのは、かなり珍しい人材ということになる筈です。

連想するのは、あのJR西日本の大事故…。JR側の対応や労務管理もまずいと思いますが、それに乗じてJRを叩く何時ものようなマスコミ。思い出すと何だか暗い気持ちになります。
しかし「鉄道の運転士になりたい」…これは現在でも、男の子がよく持ちたがる夢だと思います。それを実現させた人たちも、JRの数多い運転士の中には沢山いらっしゃるでしょう。
その中でも、特に人数が少なく、特に注目を浴び、そして特別に子供たちを喜ばせる立場に居る、JR東日本の観光SL列車の運転士…。

あの若い運転士(機関助士)の笑顔、おそらくは心からの笑顔。今でも私の記憶に焼きついています。
そして、あの笑顔を思い出すと何だか、ちょっと複雑な心境になってしまうのです。

|

« なぞの代替バス | トップページ | 体重増えたけど… »

臨】[2005年GW]微妙に(略)磐越旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今回の旅のまとめ:

« なぞの代替バス | トップページ | 体重増えたけど… »