« 鹿児島に戻って早速モス | トップページ | 旅の立体写真の整理 »

2006.02.19

白熊と鴎

 午後2時20分、天文館のバス停から鹿児島空港行きのバスに乗り込みました。ちょっと早めかも知れませんが、どうも市内渋滞が激しそうな予感がしたもので…。

 この一泊二日の「ロケット見物旅行」も、もう帰途です。何事も無く帰れれば、この記事が、今回の旅行最後の記事になるかなと思います。
 というわけで、バスの中で、そして鹿児島空港の出発ロビーで、ノートPCを広げて今日の行動をまとめておきますか…。

 アーケード街の端にある「天文館むじゃき」は、昼時とあって少し混んでいました。5階建てのビル…先月の旅行では白熊を1階で食べたので、今日は2階に入ることにしました。10分ちょっと待ったあと、窓際の席へと通されました。
 この2階はファミリーレストラン的な店です。私はステーキ丼とベビー白熊を注文しました。
 ステーキ丼は、スパイスの効いたステーキが御飯の上に載った丼(というよりボウル)で、結構良好な味でした。食べ終わった後、デザートとして頼んだ白熊を待ちます。
 …あれ?前回食べたときより若干小さいような…??いや、きっと気のせいでしょう。でも、このベビー白熊が小さく見えるようになった私は、もしかするとリバウンドの始まりかも知れません(汗)。
 ともあれ、ベビー白熊は冷たくてまろやかで、具沢山で美味しかったです。私はすっかり満足して、「むじゃき」を出ました。

 そのあと、天文館の電停の方に行ったんです。天文館電停。
 そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいで電車通りを渡れないんです。
 で、よく見たらなんか張り紙下がってて「千葉ロッテマリーンズのパレード」とか書いてあるんです。
 もうね、アホかと。馬鹿かと。
 お前らな、千葉ロッテマリーンズ如きで普段来てない天文館に来てんじゃねーよ、ボケが。
 千葉ロッテだよ、千葉ロッテ。
 なんか親子連れとかもいるし。一家4人でパレード見物か。おめでてーな。

 …ううむ、この辺でやめておきます。吉野家コピペ作り。(もう2ちゃんでは「懐かしい」と言われるようなネタですしね…すみません)
 で、私も電車通り沿いに続く見物客の中に混ざり、立体カメラを鞄から取り出しました。
 どの場所で、どんな角度で撮れば上手く撮れるかな…そう思いながらカメラをいじっているうちに、やがてパレードの車列が到来です。選手が手を振るたびにファンから声が飛ぶという状況下、私はともかく、ひたすら撮り続けました。立体カメラを高く掲げて、アングルもシャッターチャンスも満足に確認できないままシャッターを押します。たくさん撮っておけば、一組ぐらいはうまく写ってるかも…というわけです。

 …実は千葉ロッテというとボビー・バレンタイン監督しか名前を知らない私でした…(汗)。
 なので、私としては、バレンタイン監督さえ立体に写っていればそれで満足かも知れません。(ぉぃ)

 本当は、天文館に一箇所ある「てもみん」で首肩のマッサージをしてもらおう…と思っていたのですが、このパレード見物に加わってしまったせいで、時間の余裕がなくなってしまいました。
 それでも、せめて10分だけでも…と思い、天文館アーケード(むじゃきのある側とは電停をはさんで反対側)へと歩いていきました。すぐに見つけ、店内に入ると、幸い待ち時間0でした。
 10分だけでしたが、結構強めにマッサージしてもらうことができて、肩がかなり楽になりました。

 そして、天文館のバス停から、空港行きのバスに乗り込んだというわけです。
 幸い、渋滞がひどかったのは市の中心部だけでした。バスはほぼ定刻に鹿児島空港に到着しました。

 スカイマーク機の出発までは、まだちょっと時間があります。土産物屋をまわるよりは、展望デッキで飛行機の立体写真を撮るほうを選びました。
 YS-11が遠くに居るのを撮ったり、銀色のANK機が到着したのを撮ったり…。電池はもう残り少なくなっていますが、羽田に帰ったらもう撮るべきものもないことですし、電池が切れるまで…という気持ちで撮り続けました。
 でも、やがて、「ただいまの時間は手荷物検査が大変混みあいます。お早めに…」という案内放送が聞こえてきました。そろそろ立体写真撮影も終わりにするかな…あとは飛行機で帰るだけです。

| |

« 鹿児島に戻って早速モス | トップページ | 旅の立体写真の整理 »

臨】[2006年2月]微妙に(略)ロケット見物その2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白熊と鴎:

« 鹿児島に戻って早速モス | トップページ | 旅の立体写真の整理 »