« 反則技の美味なツボダイ | トップページ | 品川と大崎で試し撮り »

2006.03.16

美味な魚、そしてリスク判断

 昨日に続いて今日も、仕事が終わった後に池袋へと向かい、メイド居酒屋「まほろば亭」へと入ってしまいました。
 「いくら新装開店直後といっても、二日連続で行ったらそれなりに散財になるよなぁ…でも行きたいなぁ…」と迷ったのですが、結局、美味しい焼き魚の誘惑には勝てませんでした。

 そういえば、昨日は、お店の感想をそんなに細かく書いてなかったですね…。

 改装前の、まるで日曜大工で作ったような島式のカウンターは、すっかり姿を消しました。そのかわり、しっかりとしたつくりの立派なカウンターと、フカフカの椅子が並んでいます。
 内装も整備されて、確かに、ちゃんとした居酒屋になったという感じです。良い意味でも悪い意味でも
(本音を言えば、あのベニヤの島式カウンターも結構ほのぼのしてて良かったなぁ…という思いが…)

 さて、今日は黒生ビールを飲みながら、「にしんの一夜干し」の出来上がりを待ちました。昨日はさすがに混んでいて時間がかかったものの、今日はそれほどの混雑ではなく、(なにしろ大雨の夜ですから…)、それほど待たずに到着しました。
 まほろば亭の焼き魚は二回目ですし、昨日みたいに、「理性を失って野生状態で貪る」というほどの状態にはなりませんでした。でも、一口一口が、しみじみと美味しかったです。
 合わせた酒は八海山。ちょっと甘めの酒でした。

 美味しい焼き魚ですから、皮の部分も、小骨が多い部分も、ともかく細かく食べつくしてしまいました。
 食べ終わった後、メイドさんに「きれいに食べましたね~」と感心されるほど…。
 とはいえ、普段は私は、焼き魚をここまで徹底してきれいに食べることはありません。やはり、小骨が口中や喉に刺さったら嫌ですからねぇ…。
 でも、これだけ美味しい焼き魚に対しては「小骨で痛い目にあう」リスクと、「美味しい部分を味わえる」というリターンとが、明らかに逆転してしまった…というわけです。
 幸い、小骨が喉につっかえることもなく、にしんの一夜干しを存分に満喫することができました。

 午後8時半過ぎに店を出ました。
 昨日は帰りが遅くなりすぎて、今朝の目覚めが辛かったので…。今夜は早めに帰宅して、早く眠りにつこうと思います。

|

« 反則技の美味なツボダイ | トップページ | 品川と大崎で試し撮り »

メイド・コスプレ店巡り2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美味な魚、そしてリスク判断:

« 反則技の美味なツボダイ | トップページ | 品川と大崎で試し撮り »