« 立体写真の小道具たち | トップページ | 美味な魚、そしてリスク判断 »

2006.03.15

反則技の美味なツボダイ

 今日は、池袋のメイド居酒屋「まほろば亭」の新装開店の日…。改装休業を一ヶ月近く続けたあとの、やっとの新装開店です。
 「ファンが多い店だし、この日は混むかもなぁ…でも行きたいなぁ…」
 で、結局、仕事が終わった後に池袋へと向かってしまいました。

 まほろば亭の前に、ビックの「カメラ専門館」へ立ち寄って、立体カメラに使うためのレリーズを二つ購入。運の良いことに、何人にひとりという当たり籤を引いて、無料になってしまいましたです。
 で、ビックカメラ専門館から駅を横切って、急ぎ足でまほろば亭へと…。さすがに距離があり、店についたときにはヘロヘロ状態でした。

 清酒「美少年」を飲んで待つうちに、やがて「ツボダイの開き」が到着しました。「まほろば亭」のスタッフブログで絶賛されていたメニューです。
 食べてみたら…確かに本気で美味しかったです。

 ちょっと講釈じみますが、「美味しさ」には少なくとも二種類あるような気がします。
 ひとつは、味の「繊細なハーモニー」を、まるでプレパラートに載せて顕微鏡で鑑賞するような「美味」。
 そしてもうひとつは、「とにかく理屈抜きで美味い~!!」とばかり、野生に戻ったような状態で貪り食ってしまうような美味さ。

 まほろば亭で初めて食べたツボダイは、後者の、野生に引き戻されるような美味しさでした。
 もう、骨の一本一本までしゃぶり、さらにパリッと焼けた皮までポリポリ食べてしまうという、まさに理性を失わせるような味でした。

 食べ終わったとき、ちょうど、メイド喫茶レポで有名な「はげ丸」さんが、会計を終えて帰ろうとしているところでした。
 私は声をかけてみて、そして「ここの焼き魚は反則に近い味ですよ~」と感想を述べてみたものでした。

 また明日、美味しい魚を食べに、まほろば亭に来てみようかな…。

 とりあえず、メイドさんの許可を得て、「ツボダイ開き」の焼き魚を立体写真に撮ってみました。少しでも「美味しそう」という雰囲気が伝われば幸いです。

MAHOROBA_TAI_P
↑平行法
↓交差法
MAHOROBA_TAI_X


|

« 立体写真の小道具たち | トップページ | 美味な魚、そしてリスク判断 »

メイド・コスプレ店巡り2006」カテゴリの記事

コメント

昨日はありがとうございました。
またどこかで見かけたら、また声かけてください。

投稿: Jeyz | 2006.03.16 19:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反則技の美味なツボダイ:

« 立体写真の小道具たち | トップページ | 美味な魚、そしてリスク判断 »