« ドコモショップにて | トップページ | 夢のDMVモノレール »

2006.12.21

実はスイス…

 さて、おととい(火曜日)の夜のことですが…

 月曜に引き続き、何だか再び池袋のめいど居酒屋「まほろば亭」に行きたくなってしまいました。
 店内に入ると、いつものメイドさんは皆、サンタガールになっていました。ああ、クリスマスはもうすぐかぁ…。ともあれカウンター席に座り、清酒美少年で生牡蠣を味わいます。
 すると、サンタ姿のメイドさんが(ここでは名前は伏せますが)、私に小さな包みを手渡してくれました。おお、サンタさんにプレゼントを貰っちゃった~。

(ポイントカード5枚満了で、メイドさんからのプレゼントという、この「まほろば亭」のサービスです)

 見ると、天賞堂の包み紙でラッピングされた、小さな四角い箱です。これは…もしかして鉄道模型?

 鉄道趣味者とはいえ、模型には手を出していない私ですが、それでも天賞堂の名前はよく知っています。メイドさんは、私が鉄道好きだということをしっかりと覚えていて、それで天賞堂ということなのかな…?
 でも、鉄道模型にしては小さい箱です。ということは…ともかく開けてみました。

 中に入っていたのは、赤いネクタイピンでした。

 流線型の赤い電気機関車のネクタイピンです。「←|→」という感じのマークが車体に描かれています。いかにもヨーロッパの電気機関車です。それも、北欧の鉄道で見かけそうなデザインです。

 「これは…スウェーデンかノルウェーあたりの電気機関車ですね」

 そう適当に言ってみたら、件のメイドさんに感心されてしまいました。(彼女は鉄道に詳しくはないので、どこのどんな機関車か気にしないで、デザインだけで選んできたみたいです)

 でも、実際どこの国の機関車だろう…?さすがにヨーロッパの鉄道車両にそこまで詳しくはないので、自信が持てませんでした。そこで、帰宅後に、インターネットの鉄道趣味サイトを色々と探して調べてみました。
 その結果…

 「ご、ごめんなさい、北欧じゃなくてスイスでした」

 スイス国鉄(SBB-CFF-FFS)のRe460です。
 10年ちょっと前に生産された、スイスを代表する電気機関車で、最高速度は時速230キロという、なかなかの高性能です。
 本当は、ここでWikipediaの該当記事にリンクを張ってみたいのですが、日本語版には未だRe460の項目は見当たりません。英語版にならありますが、文章は僅かで、しかも「ドイツ語版Wikipediaからの翻訳」と書いてあって…。
 というわけで、ドイツ語版Wikipediaの「SBB Re 460」にリンクを張ってみます…。

 ともあれ、今日は、このネクタイピンを実際に着けて出掛けてみました。
 鉄道もののネクタイピンって、「実際に着けるのはどうも…」というのが多い気がするのですが、このRe460のネクタイピンは、違和感がそんなにありませんでした。
 やっぱりスイスのデザインの機関車、やっぱり天賞堂の出来栄えです。
 そして、もちろん…このネクタイピンを私向けに選んでくれた、あのメイドさんに感謝したいと思っています。

|

« ドコモショップにて | トップページ | 夢のDMVモノレール »

微妙に(略)乗り物趣味」カテゴリの記事

メイド・コスプレ店巡り2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実はスイス…:

« ドコモショップにて | トップページ | 夢のDMVモノレール »