« グリーン車がグリーン車になるために(その2) | トップページ | グリーン車がグリーン車になるために(その4) »

2007.03.23

グリーン車がグリーン車になるために(その3)

 昨日の記事では、グリーン車を「乗用車で旅行する人を鉄道旅行に誘い込むための商品」にすることを提案してみましたが、これについて、もう少し詳しく書いてみたいと思います。

 前述のように、鉄道と比べて乗用車は7倍のエネルギーを使うといわれていますが、そうは判っていても、自分の車で旅行やレジャーに出掛ける人はなかなか減ってくれません。(私も時々は車で旅しますし…)
 それはそうでしょう。車でのお出かけには、公共交通で行くのとは違った魅力があるわけですから。
 その魅力に対抗するためには、やはり、列車のほうもサービスを強化する必要があります。それも、マイカーへの対抗を意識においたサービスを、です。

「どうして列車ではなくクルマで出掛けるんですか?」
「だって、家族旅行だと、クルマのほうが一家揃って車内で過ごせますから」
「ごもっともです。では、列車にも家族向けの個室を充実させましょう」

「どうして列車ではなくクルマで出掛けるんですか?」
「帰りはお土産が多いから、駅で荷物を持ち運ぶのが面倒で…」
「ごもっともです。では、手荷物預かりサービスを航空機なみに充実させましょう」

「どうして列車ではなくクルマで出掛けるんですか?」
「観光地をめぐるのって、列車とバスだけでは不便で…」
「ごもっともです。では、駅レンタカーをもっと便利に使えるようにしましょう」

…まあ、上のような例は、すぐに色々と考え付きます。

 これらの、いわば特別サービスは、その多くが「普通車の乗客向けにはちょっと無理だけど、グリーン車限定なら何とかなりそう」というものが多くなりそうですよね。
 それが、「グリーン車だからこそ」の根拠になるだろうと、私は思うわけです。

 さて、今回はこのへんで区切って、続きは明日にします…。

|

« グリーン車がグリーン車になるために(その2) | トップページ | グリーン車がグリーン車になるために(その4) »

微妙だけども真面目な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50860/14364662

この記事へのトラックバック一覧です: グリーン車がグリーン車になるために(その3):

« グリーン車がグリーン車になるために(その2) | トップページ | グリーン車がグリーン車になるために(その4) »