« 台南の同人イベントに誘われて | トップページ | オレンジ色の速い奴 »

2007.05.19

台南で出会った、見慣れた光景

 台南駅の「後站」(後ろ側の駅舎)から正面の道を歩いて数分。成功大学の「中正堂」という体育館が、今日の同人イベントの会場でした。
 大学の門に近付いた段階では、まあ普通のキャンパス風景でしたが…よく見ると、そこかしこにコスプレイヤーの姿を見ることが出来ます。入口から中に入ると、ちょっと古びて薄暗い体育館でしたが、冷房はよく効いていました。
 (実は心配だったのです。もしかしたら蒸し風呂状態じゃないかと…。でも杞憂でした)

 小さなブースが並んでそれぞれに参加サークルが店を広げ、通路をたくさんの一般参加者が行き交い、サークルの前に群がり…。コミケをはじめとする各種の同人誌即売会に行き慣れた人なら、おなじみの光景でした。
 違う点は、並んでいる同人誌がみんな中文だということだけ…かもしれません。
 でも、この状況下に身を置いた私は、もう、台湾旅行中だということを半ば忘れ、何だか血が騒ぐのを感じてしまいました。ええ、これは色々と見て、面白そうなもの、気に入ったものを、この機会に買い込まなければ…。

 会場の一番右奥に、協賛団体として(?)、昨日見た「末廣町侍女隊」のメイドさんがテーブルを広げて参加していました。メイドさんのひとりは私の顔を見て少し微笑み、若い男性店員が私に(名前で)声をかけてくれました。
 この場所、(もしかしたら日本人は私だけかもしれない場所)で、何だかほっとする思いでした。そこで、まずは「末廣町侍女隊」オリジナルのバッジとTシャツを購入です。

 本当は会場の写真を撮りたかったのですが、撮影禁止とのことなので我慢しました。
 で、島の間をぶらぶらと巡ります。今回のイベントの規模は、ごく普通の長さの島がAからHまで…という感じでした。
 コスプレイヤーもたくさん歩いていました。ただ…私のオタク知識ではもうついていけません。ここは一人旅ではなく、この方面の知識と経験に詳しい友人が一緒だったらよかったなぁ…。

 やがて歩き疲れて、時刻も正午をまわり、そろそろ帰ろうかな…と思ったとき、ステージの上に実行委員会の男性メンバーがずらりと勢揃いしているのに気が付きました。おや、催し物かな…?
 ステージの皆が踊り始めました。音楽は…「檄!帝国華撃団」。
 なかなか見事な踊りで、つい見入ってしまいました。歌はオリジナルの日本語バージョンなのに、踊りを見ていると、ほんの微かに中華っぽい雰囲気が入っているような、そんな気がしたものです。

|

« 台南の同人イベントに誘われて | トップページ | オレンジ色の速い奴 »

臨】[2007年5月]微妙に(略)台湾一人旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台南で出会った、見慣れた光景:

» バレンシアガのバッグ [バレンシアガ]
バレンシアガの魅力に迫ってみようと思います。バレンシアガのバッグ、財布、ジャケットの人気の秘密や、ショップ、店舗情報などもお届けします。 [続きを読む]

受信: 2007.05.19 23:18

» 静岡県といっても広いです。東伊豆町・河津町・西伊豆町・清水町 [静岡県旅行 静岡県の旅行ブログ]
静岡県といっても広いです。東伊豆町・河津町・西伊豆町・清水町松崎町・由比町・南伊豆町などなど。 日帰りやビジネスで行くのはチョッとね。辛いね。 [続きを読む]

受信: 2007.05.20 01:51

« 台南の同人イベントに誘われて | トップページ | オレンジ色の速い奴 »