« MOSDOのホットチキンが楽しみ | トップページ | さて次はどこへ »

2008.07.17

Cosafeで過ごした感想(立体写真あり)

 さて、シンガポール旅行の主目的の一つだった、メイドバー&レストラン「Cosafe」について、写真と感想を記してみたいと思います。

 まずは立体写真から。
 Cosafeのある場所は、シンガポールの中心部にある商業施設「CHIJMES」(チャイムスまたはチャイムズと発音)です。交差点の角(ラッフルズホテルの斜め向かい)にある入口を入ると、すぐ目の前に、Cosafeの大きな看板が見つかります。

Chijmesent_lrl
LRL配置(左二枚で平行法、右二枚で交差法)。クリックで拡大します

 この先を進むとすぐに中庭になっていて、木陰にテーブルが幾つも並んでいます。Cosafeの店舗はCHIJMESの外壁・回廊になっている細長い建物の中にありますが、この店舗自体は小さいので、実質的にはオープンカフェと考えた方が良いでしょう。
 (一度は室内席に座ってみましたが、やはり外の方が良さそうだなと思い、結局あとで席を変えました)

Cosafe_lrl
LRL配置(左二枚で平行法、右二枚で交差法)。クリックで拡大します

 ネットで色々と下調べした限りでは、ここCosafeは、メイド喫茶というよりは「普通の店」とのことでした。いわゆる萌え系のサービスは無く、客層もごく普通の人たちばかりで、オタ的な雰囲気とは程遠いそうで…。
 実際に行ってみたら、確かにその通りでした。しかし、それでもやっぱりここは…

 「普通でも普通じゃない」

…店だったなと思います。

 このCHIJMESという商業施設は、元々は100年以上の歴史がある修道院の建物だったそうです。20年ほど前に、修道院としての役割を終えて復元と改装が行われ、商業施設として生まれ変わったという経緯があります。
 このシンガポールというコンクリートジャングル(陳腐な表現ですが)の中心部で、CHIJMESは何だか特異的な雰囲気を持っている場所でした。通路を行き交う人も、半分くらいは観光客だったでしょうか。特に、欧米人グループの姿が多かったです。
 そのような施設の、もっとも入口に近い場所に、メイドカフェ(というかレストラン)が存在するのです。

 日本で似たような条件の場所といえば…どこになるでしょう?
 都市の中心部にある近代の歴史的建造物。修復改装されて商業施設に生まれ変わり、今では地元客と観光客の両方で賑わっている…。この条件で私が思い出したのは「横浜赤レンガ倉庫」でした。
 ええ、もし仮に、横浜赤レンガ倉庫の一番目立つ区画に、ちょっと高級そうで洒落たオープンカフェがあり、そこの店員がみんなメイドさんだったら…と想像してみてください。きっと「普通でも普通じゃない」ですよね…!?

 ともあれ、11日の夕方にシンガポールに着き、13日の深夜にシンガポールを離れるまでの間、一日一回ずつ合計3回もCosafeに行ってしまいました。
 タイガービールをパイントグラスで飲み、ビールに飽きたらシンガポールスリングやフローズンマルガリータを飲み、そしてぼんやりと屋外テーブルで過ごす時間…楽しかったです。何だか、自分にとっての「シンガポールでのホームポジション」だったような感じがします。

 なお、メイドさんはみんな、写真撮影の申し出に快くOKを出してくれました。私の手元には、二人のメイドさんと一緒に撮ってもらった写真もあります。
 しかし…自分の顔が…
 あまりにも上機嫌すぎて、笑顔というレベルを通り越し、物凄い表情になっていました(汗)。さすがにこれはネットでは公開できません。色んな意味で…。

|

« MOSDOのホットチキンが楽しみ | トップページ | さて次はどこへ »

メイド・コスプレ店巡り2008」カテゴリの記事

微妙に(略)立体写真趣味」カテゴリの記事

臨】[2008年7月]微妙に(略)新嘉坡旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50860/41889196

この記事へのトラックバック一覧です: Cosafeで過ごした感想(立体写真あり):

« MOSDOのホットチキンが楽しみ | トップページ | さて次はどこへ »