« 先月15日の撮影会(画像追加) | トップページ | 業平橋の天空樹 »

2009.12.07

大森の餃子

 おとといの「戸塚の麻婆豆腐」に続いて、今日は夕食に「大森の餃子」を試してみました。

 mixiアプリゲームの「まちつく!」。自分の居場所に応じて購入できるご当地アイテムが、東海道線の大森付近だと「餃子」なのです。
 戸塚の麻婆豆腐と同様、大森の名物が餃子だというのも、私にとっては初耳でした。そこでグーグル検索してみると、大森には「名物が餃子」という店が、どうも2箇所あるようです。
 どちらにしようかな…この2店、駅をはさんでちょうど反対にあるからなあ…。

 結局、今日は東口にある「満州里菜館」に行ってみることにしました。

 大森駅の東口は、駅ビル「アトレ」がある側です。駅を出て右に進み、蒲田方向に線路沿いに向かって歩いていくと、2分か3分ほどで「満州里」の看板が見えてきました。間口はちょっと目立ちませんが、3階建てで意外と大きな店のようです。
 まずは生ビールを飲みながら焼き餃子。にんにくはあまり使っていないようで、ちょっと素朴な味わいでした。(食べ終わって帰宅してこれを書いている今でも、にんにく食べた後という感覚はあんまりありません)

 焼き餃子を食べ終えたあと、調子に乗って水餃子と焼きビーフンを追加注文しました。しかし、さすがにこれは多すぎたようで…どちらも美味だったものの、食べ終わったときには…ううむ…なかなか苦しくなってしまいました。
 おとといの東戸塚でもそうでしたが、どうも中華料理店というのは、一人で行くのはちょっと難しいです。適量に抑えようとすると少ない品数で我慢しなければなりませんし、「もう一品」と欲張ると多過ぎて食べ過ぎて苦しくなってしまうという…。
 次に「この中華料理店に行きたいな」という機会がある場合は、誰か友達を誘って行ってみるべきだな…と思います。

 大森をあとに京浜東北線で揺られているうち、だんだんと腹がこなれて楽になってきました。
 横浜で乗り換えの際、再び携帯でmixiに繋いで「まちつく!」を見ると、横浜駅付近(みなとみらい地区)のご当地アイテムは「赤レンガのチョコレート」とのこと。聞いたことがあるような無いような…?
 そこで早速検索してみたのですが、「えー?横浜の赤レンガ倉庫ってこんなお土産が実在するんだ」とちょっとびっくりの代物でした。レンガサイズの、重さ1.5キロのチョコレート、6300円なり。
 さて、私は一体どうするべきでしょう…?

|

« 先月15日の撮影会(画像追加) | トップページ | 業平橋の天空樹 »

微妙に(略)好奇心の種」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大森の餃子:

« 先月15日の撮影会(画像追加) | トップページ | 業平橋の天空樹 »