« おお、これは広い | トップページ | スミルが身に染みる »

2010.04.27

おにぎりをポケットに入れた夜

 ううむ、あまりにも「どうでもよいネタ」だとは思うのですが…。
 ポケットに入れるものとして、おにぎりというのは何だか微妙な位置にあるんじゃないかなと、そんなことを考えながら、今夜は雨の中を自宅へと帰ってきました。

 もしこれがサンドイッチだったら、明らかに変というか、無理がありすぎます。でも、おにぎりであれば元来が携帯食品ですから、ポケットに入れてもサンドイッチほどの違和感は無い…のかも知れません。
 ただし、私が記憶する限り、おにぎりをポケットに入れたのは今夜が生まれて初めてだったのです。

夜遅くの帰り道。今夜の夕食はコンビニ弁当で済ますか…

コンビニに立ち寄り、焼きそばとおにぎりを購入

「袋はお分けしますか?」「いや、同じ袋でいいです」

焼きそばのレンジ時間、ちょっと長すぎなんじゃ…?

店を出て袋の中に手を入れると、予想以上に熱々になっていた

このおにぎり、明太子だから一緒にして熱くなるのはちょっと何だなあ…

自宅まで近いから、おにぎりはとりあえず上着のポケットに入れて帰るか

…というわけです。ええ、こんな経緯が無かったら、ポケットに入れようなんて普通は思い浮かびませんですよね。

 ともあれ、おにぎりは無事に、熱々にもならず、つぶれることもなく、自宅の冷蔵庫にひとまず収まりました。
 熱々になっていた焼きそばの方は…まだ十分に温かいままです。この記事を書き終わったら、さっそく開けて食べ始めたいと思います。

|

« おお、これは広い | トップページ | スミルが身に染みる »

微妙に(略)好奇心の種」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おにぎりをポケットに入れた夜:

« おお、これは広い | トップページ | スミルが身に染みる »