« 一ヶ月ぶり・数年ぶり | トップページ | 広州の猫耳 »

2010.04.07

「すぐ明るい」せい?

 おとといの記事「LED電球にした感想など」にて、「LED電球は点灯直後は明るいけど、数分経つとどうも暗く感じる」という話を書きましたが…。
 今日、某所でLED電球について雑談していたところ、こんな指摘を受けました。

「蛍光灯は点灯直後から徐々に明るさが増して行くけど、LEDは点灯するとすぐに明るい…って言うよね」

 ああ、もしかすると、そのせいかも知れないなあ…。そんなふうに思い当たりました。
 普段、蛍光灯を点ける際には、「点灯直後は少々暗い」といってもそんなには意識しません。人の目は暗いところから明るいところに行くと徐々に順応していきますが、蛍光灯ならそれに合わせて明るくなっていきます。
 そんな「徐々に明るい」蛍光灯を、「すぐに明るい」LED電球に変えたらどうなるか…

 蛍光灯の明るさの傾向(…すみません駄洒落で…)に慣れた目で、LED電球の光を見てしまうせいで、「最初は明るいけどすぐに薄暗くなる」という錯覚を感じてしまうのかも知れません。

 この私の推察、果たして当たっているでしょうか?
 いずれにしても、やっぱりLED電球4つでは明るさが物足りない気がするので…あと2つか3つほど買い足してみたいです。
 現在天井からぶら下がっているのはシャープと東芝とパナソニックです。調べてみると日立やNECや三菱もLED電球を出しているようなので…各社取り揃えてミックスで部屋を照らすというのも面白そうです。

|

« 一ヶ月ぶり・数年ぶり | トップページ | 広州の猫耳 »

微妙に(略)ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50860/48026814

この記事へのトラックバック一覧です: 「すぐ明るい」せい?:

« 一ヶ月ぶり・数年ぶり | トップページ | 広州の猫耳 »