« 氷スプレー | トップページ | オタクの晩ご飯といえば »

2010.07.08

昨夜の空

 今日は天気が比較的良かったものの、昨日までの数日間は、どうも天気が今ひとつでした。いつも曇っていて、にわか雨も多くて、しかも蒸し暑いという…。
 昨日は七夕でしたが、こんな空模様では星は見えないだろうな…とあきらめていました。

 しかし、終電帰りとなって、真夜中の道を自宅へと歩いていると…

 空の雲が少し薄くなり、所々では切れ目も見えるようです。真上をよく見ると、切れ目の黒い夜空に明るい星が一つ。「もしかして織姫星かな…?」
 立ち止まって眺めると、少し離れたところにも雲の切れ目があり、ちょっと明るさが弱めの星がもうひとつ見えました。もう少し落ち着いて観察すると、もう一個別の明るい星が見えてきて、しかもその周囲には、二等星くらいの星が十字型に並んでいます。
 間違いありません。夏の大三角形です。十字型に並んだ星は白鳥座で、その尾にある明るい星はデネブ。そして、三角形のもう二つの星は織姫と彦星、西洋の呼び方だとベガとアルタイルでしょう。

 三箇所の雲の切れ目に、ちょうど合致するように、三つの明るい星が姿を現していた…。なかなか幸運な七夕の夜だったなと思います。
 もっとも、既に時計は12時を回って、日付は7月8日になっていましたが。

|

« 氷スプレー | トップページ | オタクの晩ご飯といえば »

微妙だけども真面目な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨夜の空:

« 氷スプレー | トップページ | オタクの晩ご飯といえば »