« あかつきの無事を祈る夜 | トップページ | 行中線 »

2010.12.08

次は水星への出発

 金星探査機「あかつき」、結局は金星周回軌道への投入は失敗だったそうで…。

 Twitterなどで状況を追っていた私としては、やはり、正直なところ残念な気持ちです。でも、6年後に再挑戦の機会が来るとのこと。これから6年間を待ってみて、次こそ成功を祈りたいと思います。

 ところで、日本が関わる次の惑星探査機は、2014年に打ち上げ予定の日欧共同ミッション「ベピ・コロンボ」。この探査機は、数年かけて水星に近づき、2020年頃に水星へ到達するそうです。
 2020年か…そのころ自分はどうしているかな…。
 さらに、「はやぶさ」の次の「はやぶさ2」の次には、日欧共同の小惑星探査機「マルコ・ポーロ」が計画されています。現段階では、この計画が実現するかどうかは、まだ判断するには早いようですが…。

 ともあれ、今後も惑星探査機が(日本だけでなく各国のもみんな)、成功を続けて観測成果を出していくことを期待したいと思います。
 とりあえず、現在金星観測中の欧州の「ビーナス・エクスプレス」、彼には「あかつき」の分まで、いやそれ以上の活躍を期待しています。

# ちなみに、ビーナス・エクスプレスの運用チームのTwitterでは、あかつきの起動投入のちょっと前に「あかつき君、日焼けクリーム持ってきた? このあたりって何でも熱くて…」とつぶやかれているようです。

| |

« あかつきの無事を祈る夜 | トップページ | 行中線 »

ロケット見物2006-2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次は水星への出発:

« あかつきの無事を祈る夜 | トップページ | 行中線 »