« ナフサの日ではないけれど | トップページ | 本当はビールが飲みたいけど »

2011.07.24

アナログ放送、長い間ありがとう

とうとう来ました、地上デジタルテレビ移行日。アナログ放送が終了する日です。

本当は終了の瞬間を見たかったのですが、自宅ではテレビが無いため見ることは出来ません。どこかテレビがある所に外出すればいいのですが、今日は寝坊しすぎて、正午には自宅で朝食を終えたばかりだったので、結局テレビは見ていませんでした。

午後、クルマに衣類を積んで、某所にあるコインランドリーへ出掛けました。
このコインランドリーにはテレビが備わっていますが、最近になっても地デジ対応する気配はありませんでした。洗濯を始める前に、「たぶん対応してないだろうな」と思いながらテレビをつけてみると、案の定、アナログ放送終了を知らせる青画面が表示されました。

20110724140155

チャンネルを変えてみると、各局で青画面は少しずつ違います。NHKは「今後はデジタル放送でご覧ください」、民放は「今後はデジタル放送をお楽しみください」…なるほど、NHKは覧るもの、民放は楽しむもの…なんですね。
それよりも印象的だったのは、TBSテレビだけ「長い間、TBSテレビのアナログ放送をご覧いただきありがとうございました」という一文があったことです。
ああ、確かに…長いお付き合いだったなあ…。ちょっと振り返りたくなりました。

物心ついた頃には既にテレビがあった世代ですが、私が初めて「この番組は毎週見たい」と思ったのは、確かTBSの「8時だョ!全員集合」でした。
保育園のお泊り会のとき、子供たち(幼児時代の私も含め)の声に負けて保母さんがテレビを見せてくれた、という出来事が記憶に残っています。あのくらいの年齢だと、流行歌を聞いても良さが分からないですから、前半のコントが終わって歌が始まるとみんなで興味を失ってしまい、保母さんがあきれていたものでした。
(実際、どんな歌手が歌っていたのか、どうしても思い出せません)

…思い出にひたってしまいましたが、別に今日は、テレビが終わってしまったわけではなく、単に電波と放送方式の「お引越し」に過ぎません。でも、やっぱり、旧居を引き払うときみたいな寂しさはありますね…。

と、ここまでの文章を、洗濯物の乾燥が終わるまでに書き終えてから、コインランドリーを後にしました。
地デジ化に関して、とりあえず今後の当面の興味は、この店のテレビがどうなるか…だったりします。

|

« ナフサの日ではないけれど | トップページ | 本当はビールが飲みたいけど »

微妙に(略)ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

秒進分歩のエレクトロニクスの塊であるテレビが、58年前に決まったNTSCという規格(互換性のある黒白テレビ時代からだとさらに長期)で放送され続けたこと自体、驚きですね。数ヶ月ごとにバージョンアップしているようなWEBに比べてどちらが良いのか考えてしまいます。

投稿: 録り猫 | 2011.07.25 10:08

> 録り猫さま

規格の古さという点では、AMラジオ放送はもっと凄いですよね…。原理上は、今でも鉱石ラジオを使って電源無しで聞けるわけですから。
あえて進歩させず、鉱石(あるいは錆びた鉄でも)と手製コイルとイヤホンがあれば聞ける放送、というのも、非常時のことを考えれば得策なのかも知れません。

…鉱石すら不要で、アンテナとイヤホンだけあれば聞けるような変調方式というのは可能なのかな…と興味が湧いてきました。

投稿: 納ちゃん | 2011.07.26 00:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50860/52294866

この記事へのトラックバック一覧です: アナログ放送、長い間ありがとう:

« ナフサの日ではないけれど | トップページ | 本当はビールが飲みたいけど »