カテゴリー「臨】[2012年8月]道北・サハリン避暑旅行」の記事

2012.08.21

乗車と乗船の記念

undefined

左側は、旅行3日目に留萌から幌延まで沿岸バスで移動したときに使った「萌えっ子フリーきっぷ」です。
右側は、旅行5日目に稚内からコルサコフまで乗船した「アインス宗谷」の船内で貰った国境通過証明書です。

沿岸バスの「萌えっ子フリーきっぷ」、話には聞いていましたが、実際に買ってみるとなかなか強い印象のある切符でした。思ったよりも大判で、しかも厚手の切符。これを運転手に見せてバスを下車するのは…案外すぐに慣れました。

アインス宗谷の国境通過証明書、稚内を出港してから1時間半後くらいに船内でアナウンスがあり、売店にて無料配布が始まりました。コルサコフは湾の奥の方にあるので、国境通過は、航路の中間地点よりかなり稚内寄りです。

ともあれ、萌えっ子フリー区間経由でサハリンに行った人はきっと非常に珍しい筈…と、少々自己満足に浸っているところです。(^_^;)(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.19

サハリン旅行・よくある質問2つ

二年前の夏休みにサハリン列車旅を実行して以来、今回の旅行は二回目だったわけですが…知り合いなどに「サハリンに旅行に行ってきたよ」という話をすると、やはりかなり珍しがられます。
そして、一番よく質問されたのは次の二つでした。

《Q. サハリンに行けるの?行っても大丈夫なの?》
サハリンに渡るのが困難だった時代はとっくに過ぎ去りました。今では夏限定で稚内~コルサコフ間のフェリーが出ています。飛行機も、札幌~ユジノサハリンスク間とか、成田~ユジノサハリンスク間に夏限定で飛んでいます。(運航していない冬などに行く場合は、ソウル経由で飛ぶという手段があるようです)
ユジノサハリンスクは、日本の各都市に比べると治安が悪いと言われていますが、個人的な感想では、それほど危険な街という感じではありませんでした。(もちろん、すり・ひったくりに気をつけて歩いたり、夜の屋外行動を避けるなどの注意は必要ですが)

《Q. サハリンに行ったら何があるの?》
正直なところ、ユジノサハリンスクはそれほど観光名所が多い街ではありません。郷土博物館(日本時代の博物館の建物が現存)、ガガーリン公園(かつての豊原公園)ぐらいでしょうか。
でも、「日本最北の街である稚内から、船で5時間半かけて渡れば、そこには異国の街がある」というだけでも、十分に印象的な旅行になるはずだと、個人的には思います。
旧ソ連とヨーロッパと日本が混ざったような街を、ひとまわり歩いてみて、ロシア料理の店で食事して、色んな店に立ち寄って珍しいものを買ってみて、博物館を見学して色々と考えを巡らせ、公園でビールを飲みながら軽食を食べてくつろぐ…一日ではちょっと足りないような感じがしました。

ともあれ、ユジノサハリンスクへの旅行、費用や日程調整や言葉の問題などちょっと難しいところも多いですが、やはり色々な人におすすめしたいなという気持ちです。
できれば、成田や札幌から飛行機で往復するのではなく、たとえ往路だけでも稚内からのフェリーに乗るほうが良いと思います。東京から新幹線と在来線とバスを乗り継いで稚内まで到達し、そしてフェリーでコルサコフに渡る…というのが今回の私の旅行での行程でした。思い返してみても楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.18

お土産の写真

夏休みの道北&サハリン旅行から帰ってきて二日が経過し、やっと旅の疲れから回復してきました。
これからしばらくは、今回の旅行の思い出話でブログに記事を書き続けられるかな…などと思っていたりします。

とりあえず、今回の旅行で買ってきた、ユジノサハリンスク土産の写真を載せてみたいと思います。

Dscf4249

真ん中に構えているのはマトリョーシカとウォッカ、そして海産物の缶詰4つです。
マトリョーシカ、本当はあまり買うつもりはなかったのですが、土産物店で店員さんに実演(開けて開けて開けて…の10重)をしてもらってしまうと、やはり「これは見ていて楽しかった、買わなくちゃ」という気分になってしまいました。確か3000円くらいだったかな…。
ちなみにマトリョーシカの値段は、入れ子の段数が深いほど高いという傾向があるようです。(当たり前ではありますが)

左側にあるのは海産物の干物類。これもサハリン産だと思います。値段的には日本で買うのとそれほど変わりませんでした。
いかの燻製(リング状の奴)が、日本のそれと見かけも味もほとんど変わらず、食べやすくて美味しかったです。

右側、タッパーに入れてあるのはロシアのチョコレートです。前回のサハリン旅行のとき「これは土産用には良いかも知れない」と思って購入したことがあるので、今回も購入してみました。
(前回より倍以上の量を買ってしまったかも)
ロシア旅行のお土産としては、このチョコレート(個別包装の一口サイズチョコ)、なかなか珍しいものですので個人的にはお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.16

アリアドネの糸

今日の昼過ぎ、無事に成田空港へと帰り着きました。
空港で昼食をのんびり食べてから成田エクスプレスに乗って帰路につき、自宅には夕方の到着となりました。それにしても暑い…。荷物整理を終えた後、ノートPCを持って近所のファミレスに逃げ込んでこの記事を書いています。

一週間の旅程、列車やバスや船を乗り継いで北へ北へと進んだ旅程でしたが、最後は飛行機で一気に成田へ。まるで(世界樹の迷宮シリーズでおなじみの)アリアドネの糸を使ったような感じです。

続きを読む "アリアドネの糸"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.15

街歩き三部作

今日のユジノサハリンスクの天気は薄曇り、気温は、朝晩は肌寒かったものの、昼間は28度くらいまでは上がったでしょうか。
暑いというほどではないのに、湿気の関係か、どうも少々歩くだけで汗だくになってしまいます。また、行く先々でお土産など買ってしまうので…それなりに重くなってしまいます。
出かけて暫く歩いたらホテルに戻り、お土産を置いてシャツを着替えて休憩したら再びホテルを出発して、暫く歩いたらまたホテルに戻って…という行動になりました。ホテル休憩は2回だったので、まるで「三部作」みたいな感じです。

《第一部》
・ユジノサハリンスク駅前まで歩き、駅前広場の片隅の銀行にて両替。
・駅から少し南にある日本総領事館へ。警備が物々しく、「大した用事もないのに来ても良いのかな」と心配になりましたが、応対に出てきた領事館員は笑顔で親切でした。美味しいレストランの場所や、自由市場の場所なども丁寧に教えてくれました。
・総領事館の前の通りをさらに歩くと書店が2店ほどあったので、立ち寄ってみました。つい買ってしまった本は2冊、それなりに重いので、一旦ホテルに戻ることにしました。
・ホテルへの帰り道、自由市場(前回のサハリン旅行でも来た場所です)に立ち寄って、お土産用にチョコレートを購入。

続きを読む "街歩き三部作"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ユジノサハリンスクの朝

ユジノサハリンスクの中心部にある洒落たホテル。おそらく今回の旅行で泊まるホテルの中で一番立派かも知れません。中心部とは言っても、ホテルは木立の中にあり、周囲に高い建物も無く、静かな環境です。

朝、目覚めて時計を見ると6時でしたが、外はちょっと暗かったので二度寝。そして7時にやっと起き上がりました。雨のような音がしたものの、カーテンを開けると空は晴れていて、水音は夜露が流れ落ちる音でした。ニワトリがコケコッコーと鳴く声が響いてきます。気温は20度を下回り、まさに高原の避暑地のようです。
(北海道と同じ経度なのに時差は2時間。このため夏は、丁度良い時刻に朝を迎え、夜は9時くらいまで明るいです)

昨日は5時間半の船旅、稚内からコルサコフまでずっと晴れていて、波も穏やかで揺れもほとんどない快適な船旅でした。
でも、やはりそれなりに疲れは溜まるようです。ガイドさんにユジノサハリンスクのホテルまで送ってもらった後、夜はレストランでウォッカを飲んだら…部屋に戻ったらすぐに眠くなってそのまま就寝でした。

今朝は朝食を終え、部屋で休憩しながらパソコンを広げ、写真を整理したりブログに文章を書いたりしています。時刻は間もなく(こちらの時間で)朝9時です。そろそろ街歩きに出かけようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.14

稚内出港前のひととき

undefined

ただいま、稚内港にてコルサコフ行き「アインス宗谷」に乗船し、後部デッキのベンチにて出港を待っているところです。天気は昨日とは一転して雲ひとつ無い快晴。海風が心地良いです。
…ちょうど、手荷物を積んだとみられる専用トラック(ナンバープレートなし)が船内へと積み込まれていきました。

乗客の大部分は、日本での旅行からサハリンに帰るらしいロシア人です。バカンスの帰り道…という雰囲気なのか、とても陽気な人達です。
乗船手続きの時、ターミナルではみんな大荷物を持って列を作っていて、「お土産のスケールが違うなあ」と驚いてしまいました。私のキャスターバッグなど、その荷物に紛れたら凄く小さく見えてしまいそうです。(大きいのに買い換えたばかりなのに)

さて、出港のアナウンスが流れ始めました。これから明後日の成田帰国まで、短いながらも海外旅行の始まりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.13

久しぶりの宗谷岬

コインランドリーでの洗濯が終わった後、レンタカー~白い二代目プリウス~を走らせて宗谷岬へと向かいました。
宗谷岬というと稚内から近いような印象があるのですが、実際には30キロ近くあります。ちょうど東京から横浜までの距離と同じくらいでしょうか。海岸沿いの国道を延々と走っていくうち、やっと宗谷岬の公園が見えてきました。

宗谷岬に初めて来たのは大学時代だったでしょうか。
当時と比べて今は違うことは、今では国際色が豊かになったということでしょう。日本最北端の碑に英語表記が付け加わっていますし、それに、稚内のあちこちの観光スポットに立てられている各種の案内板、6つの言語で表記されています。(日・英・露・中(繁体字)・中(簡体字)・そして韓です)
ともあれ、記念写真を撮ってもらって宗谷岬巡りは終了です。

宗谷岬の次は、宗谷丘陵に登って風力発電の光景を眺めながら道路を駆け抜けたり、稚内に戻って稚内公園に登って景色を眺めたり…などなど。なかなか楽しい時間を過ごすことができました。
夕方6時半過ぎに、無事に稚内のレンタカー営業所にプリウスを返却しました。

さて、明日はいよいよサハリンへと渡ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本降りの雨の稚内

朝、ホテルの部屋で目を覚まして、小さな窓のカーテンを開けると、外は本降りの雨でした。
ありゃあ…。今日は稚内にて一日滞在し、レンタカーを借りて道北の大地を走り回りたいという計画だったので、雨が降ってしまうと残念です。でもまあ、雨だからこそ見えるような景色に出会えるかも知れません。
それより、今回の旅行では傘を持ってきていません。買わなくちゃ…。朝食後、ホテルを出て近くのセイコーマートに小走りで駆け込み、350円のビニール傘を購入してホテルに戻りました。
外の気温は20度前後でしょうか。ただ、雨で湿度が高いです。

朝8時半、ホテルを出て雨の中をレンタカーの営業所へ歩きました。白いプリウスを借りて出発。いつも乗っている初代プリウスとは随分と感触が異なります。
まだ車の少ない道路を走り、最初に立ち寄ったのはコインランドリーでした。今回の旅行はそろそろ日程の中間点です。明日サハリンに渡る前に洗濯を済ませておかなければなりません。

そして只今、店内で洗濯終了を待ちながら、このブログ記事を書いているところです。

さて、洗濯が終わったら…とりあえず宗谷岬まで行ってみようかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.12

絶景領域縦断

今朝は、8時半過ぎに留萌のビジネスホテルをチェックアウトしました。
このビジネスホテル、部屋がどうも殺風景で…。朝食は品数も多くて良かったのですが、朝食後に部屋に戻ったらもう、あまりのんびりと過ごす気分にはなれませんでした。身支度と荷物整理を進めて、ちょっと早めにチェックアウト。本当は留萌を10時過ぎに出るバスに乗るつもりだったのですが、一本早い9時過ぎのバスに乗ることにしました。
キャスターバッグを引っ張ってホテルから少し歩き、沿岸バスの営業所に行って「萌えっ子フリーきっぷ」の一日券を購入しました。近くにある「留萌十字街」のバス停で、9時5分発の豊富行きのバスに乗り込みました。

続きを読む "絶景領域縦断"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

[今月のまとめ]一覧 | Nintendo3DS対応 | メイド・コスプレ店巡り(-2005) | メイド・コスプレ店巡り2006 | メイド・コスプレ店巡り2007 | メイド・コスプレ店巡り2008 | メイド・コスプレ店巡り2009 | メイド・コスプレ店巡り2010 | メイド・コスプレ店巡り2011 | メイド・コスプレ店巡り2012 | メイド・コスプレ店巡り2013 | メイド・コスプレ店巡り2014 | メイド・コスプレ店巡り2015 | メイド・コスプレ店巡り2016 | メイド・コスプレ店巡り2017 | ロケット見物2006-2010 | ロケット見物2011 | ロケット見物2012 | ロケット見物2013 | ロケット見物2014 | ロケット見物2016 | 初代プリウス愛用記 | 台湾旅行好き2009 | 台湾旅行好き2010 | 台湾旅行好き2011 | 台湾旅行好き2012 | 台湾旅行好き2013 | 台湾旅行好き2015 | 台湾旅行好き2016 | 季】微妙に(略)恵方巻の丸かじり | 季】微妙に(略)試験日の感想 | 微妙だけども真面目な話 | 微妙に(略)IT機器選び | 微妙に(略)エス語使い | 微妙に(略)コネタマ頼り | 微妙に(略)バファリン日記 | 微妙に(略)メンヘル&ダイエット日記 | 微妙に(略)モス巡り趣味 | 微妙に(略)ライフスタイル | 微妙に(略)両利き練習 | 微妙に(略)乗り物趣味 | 微妙に(略)夢の記録 | 微妙に(略)好奇心の種 | 微妙に(略)投資日記 | 微妙に(略)日記帳 | 微妙に(略)楽しみ方 | 微妙に(略)空想ネタ | 微妙に(略)立体写真趣味 | 微妙に(略)立体写真趣味-COS | 微妙に(略)谷山浩子論 | 微妙に(略)飛行機趣味 | 微妙に(略)麻雀あそび | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 臨】[2005年2月]微妙に(略)札幌&南大東旅行 | 臨】[2005年3月]微妙に(略)セントレア見物 | 臨】[2005年7月]微妙に(略)メイドホテル宿泊記 | 臨】[2005年7月]微妙に(略)愛知万博見物 | 臨】[2005年8月]微妙に(略)夏休み日記 | 臨】[2005年8月]微妙に(略)愛知万博見物2 | 臨】[2005年GW]微妙に(略)磐越旅行 | 臨】[2006年11月-]微妙に(略)銚子電鉄めぐり | 臨】[2006年1月]微妙に(略)ロケット見物 | 臨】[2006年1月]微妙に(略)九州メイド喫茶巡り | 臨】[2006年2月]微妙に(略)ロケット見物その2 | 臨】[2006年GW]微妙に(略)富山旅行 | 臨】[2007年12月]微妙に(略)飛行機&メイド喫茶巡り旅行 | 臨】[2007年2月-]微妙に(略)迷宮冒険 | 臨】[2007年5月]微妙に(略)台湾一人旅 | 臨】[2007年7月]微妙に(略)台湾一人旅2 | 臨】[2007年8月]微妙に(略)北海道の楽しみ方 | 臨】[2008年3月]微(略)なSuica初新幹線旅行 | 臨】[2008年5月]微妙に(略)台湾一人旅3 | 臨】[2008年7月]微妙に(略)新嘉坡旅行 | 臨】[2009年1月]微妙に(略)な越南旅行 | 臨】[2009年7月]微(略)な上海皆既日食旅行 | 臨】[2010年8月]微(略)なサハリン列車旅 | 臨】[2011年11月]微妙に(略)な広州旅行 | 臨】[2012年8月]道北・サハリン避暑旅行 | 臨】[2014年7月]小笠原への船旅 | 臨】[2016年7月]世界E大会旅行