« 涼しい休日 | トップページ | みすず飴のある店を見つけた~ »

2013.09.24

電気で動くのが電車

打ち上げ成功から随分と経ったのに、相変わらず「こないだイプシロンロケットを見に鹿児島まで行ってきたよ」と、ついつい自慢してしまう機会が時々ありますが…。
そんなとき、「8月27日の失敗の時は行ったの?」とよく質問されます。ううむ…8月27日のあれは、あくまでも「打ち上げ延期」であって、あれを失敗と呼ぶのはどうしても抵抗感というか、どきっとしてしまうな…。

ロケットの打ち上げという分野では(少なくとも、私が色々な記事を見たり、ロケット好きの友人と話すときは)、「打ち上げ失敗」という言葉はあくまでも「点火して飛び立ってからの失敗」に限定して使われます。
飛ばずに発射台で爆発したり、上がったは良いけどたちまち落ちたり、宇宙には行ったけど速度が足りずに衛星を軌道に乗せられなかったり…といったのが「失敗」です。(こう書いていると縁起でもないので、この記事、イプシロンの打ち上げ成功までブログに書くのをためらっていました。実は)
打ち上げ直前にトラブルで中止するというのは、普通「打ち上げ失敗」とは呼びません。実際のところ、ロケットの打ち上げというのは(天候や技術問題で)ちょくちょく延期になりやすいので、これを失敗と呼んでいたらきりがなくなります。

でも、ロケット愛好家でもない普通の人から見たら、27日の打ち上げ中止も、普通に「失敗」と呼んでしまいますよね…その感覚も頭では分かるだけに、何だか少々苛立ちます。

この感覚、もしかすると、鉄道ファンでない一般の人が、ディーゼルカーをさして「電車」と呼ぶのに似ているかもしれません。
鉄道趣味に浸っている身からすれば、電車は電気で動くものであって、ディーゼルエンジンで動くのを電車とは呼ばないものですが、普通の人はそんな区別はしなくても仕方ありません。
でも、私を含め多くの鉄道ファンは、ディーゼルカーを電車と呼ぶ人に対して、どうも少々イラっと来てしまう…。「電車は電気で動くから電車なんだけど…」と。

ですので、願わくは、鉄道愛好者の方にはせめて…

おっと、書いているうちにそろそろ日付が変わるので、後は省略してブログにアップしてしまいます。すみません。

|

« 涼しい休日 | トップページ | みすず飴のある店を見つけた~ »

微妙だけども真面目な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電気で動くのが電車:

« 涼しい休日 | トップページ | みすず飴のある店を見つけた~ »