« 内之浦の特別公開に行ってきました | トップページ | 前割り小鹿 »

2013.11.11

内之浦から気まぐれドライブ

ただいま、鹿児島空港のレストランにて、寿司をつまみながら芋焼酎を飲んでいます。
今回の旅行、あとは飛行機で帰るだけ…。名残惜しくて芋焼酎を飲んでいるわけですが、反面、やはり秋の一人旅というのは寂しさを感じるものなので、早く飛行機で帰りたいという気持ちも同居していたりします。

今朝は朝9時過ぎに、内之浦の国民宿舎「コスモピア内之浦」をチェックアウトして、アクアのレンタカーで出発しました。
今日は夕方5時に鹿児島空港でレンタカーを返すという以外、何も予定は立てていませんでした。気まぐれドライブ、さてどこに行こうかな…。
「せっかく大隅半島に来たんだから最南端の佐多岬まで」と思ったのですが、カーナビに入れてみたら所要時間2時間半。一旦走りだしたものの、岸良海岸まで来たところで面倒になってしまいました。
岸良から引き返して、内之浦宇宙空間観測所へ。昨日と違って今日はすっかり通常日ですが、かわりに天気は良好です。昨日の特別公開で果たせなかった「青空の下でアンテナや発射台を見上げたい」という気持ちをかなえることができそうです。
守衛所で記帳してフロントガラス用バッジを受け取り、観測所の中へ。まずは昨日寄れなかった糸川博士の銅像にて記念写真を撮り、アンテナ台地やM台地をクルマで巡りました。

Dscf5194s
糸川博士の銅像

Dscf5214s
イプシロンロケットの発射台

心地良い天気のもと、ちょっと長居してしまいました。
内之浦の町中に戻ったのは12時半過ぎでした。それでは昼食…糸川博士が名付け親という食堂「ニューロケット」に行ってみたら、今日は営業中でした。(おとといの夜、貸し切りだったため入れなかったので…)
内之浦の名物、伊勢海老定食があるかどうか質問してみたら、「お待ちいただいてもよろしいでしょうか?」もちろんOKです。まだ鹿児島空港に行く時間的余裕はあります。
デジカメ写真の整理などして待っているうち、やがて伊勢海老定食が到着。想像を超える豪華さでした。

Dscf5221s
「ニューロケット」の伊勢海老定食

刺し身、マヨネーズ焼き、味噌汁…。これも伊勢海老、あれも伊勢海老と、ちょっと興奮しながらの食事だったかも知れません。普段食べる機会が無いだけに、どれもとても美味しく、やがて満腹で苦しいほどになりました。
頑張って伊勢海老の殻から身を取り出そうと奮闘し…なかなか時間がかかる昼食となりました。すっかり食べ終わったのは午後1時半過ぎ。まだ空港には十分間に合う時間ですが、ちょっと他への寄り道は難しいかも知れません。
ともあれ、満足して「ニューロケット」を出て、クルマで出発しました。

内之浦から鹿児島空港まで、あまり寄り道はしなかったのですが、ただ一箇所、志布志市内でJR志布志駅に立ち寄りました。大学時代の鉄道乗りつぶしのとき、志布志は一度だけ通ったことがあるので、当時を懐かしんで一度寄ってみたかったのです。
当時は志布志線や大隅線もあったのに、今では廃止されて日南線の終点。かつて線路があったあたりはすっかり再開発され、駅舎も終端駅のレイアウトで作り直されていました。ほとんど記憶と合致するものがなく…ちょっと寂しかったですが、仕方ないことではあります。

鹿児島空港のレンタカー店には午後4時半過ぎに到着しました。レンタカーの返却を無事に終えて、送迎車でターミナルに入ったのは午後5時でした。

| |

« 内之浦の特別公開に行ってきました | トップページ | 前割り小鹿 »

ロケット見物2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内之浦から気まぐれドライブ:

« 内之浦の特別公開に行ってきました | トップページ | 前割り小鹿 »