« 牛乳の衝動買い | トップページ | モスの株主総会に出席 »

2014.06.24

客室行きの宅急便

7月3日の出港までまだ一週間少々ありますが、昨夜から荷造りを開始しているところです。
スーツケースに衣類を次々と収納していき…明日の夜くらいには宅急便で発送したいと思っています。

飛鳥IIの旅行では、往復宅急便を使って荷物を予め発送することができます。発送された荷物は、出港までに自分の客室まで届けられます。
今回の旅行では発送期限は28日(今度の土曜日)、といっても、もし何らかの理由で荷物が遅れたら困るので、もうちょっと早めに発送したいです。

1403619628817.jpg

荷物を客室に送ったら、乗船当日は手ぶらでも大丈夫…という感じですが、よく考えてみると、実際にはなかなかそうはいきません。それなりに旅慣れているつもりの私でも、出発の何日も前に荷物を発送するのは初めてなので、少々戸惑っているところです。
なにしろ、荷物を船に送ったら、その荷物に再会できるのは乗船してからですから…。衣類を多めに荷物に入れてしまったら、発送してから出発当日までの間に着る衣類が足りなくなる可能性もあります。あるいは、ノートパソコンのACアダプタを荷物にうっかり入れてしまったら、出発日までの間、電池の残り容量だけでパソコンを持たせなければなりません。

結局、「出発までの数日、手元に無くても構わないもの」だけを、大きなスーツケースに入れて宅急便で客室に送り、それ以外のものや、宅急便では送りにくいものは、別のバッグで自分で持っていく必要があります。
特に、今回は乗船前に神戸で前泊する予定なので…最低でも一泊分の支度は必要です。

そんなわけで、荷物に関していろいろと頭を悩ませている今宵です。

| |

« 牛乳の衝動買い | トップページ | モスの株主総会に出席 »

臨】[2014年7月]小笠原への船旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 客室行きの宅急便:

« 牛乳の衝動買い | トップページ | モスの株主総会に出席 »