« 栗コーダーカルテットの船内コンサート | トップページ | 暑い… »

2014.07.10

世界一周した?チョコレート

休暇が明けて、今日は一週間ぶりの出勤でした。
溜まっていたメールを処理したり…。でも、流石に今日は、あまり調子が戻りませんでした。
それに、下船した後もしつこく続いていた、身体が揺れている感覚が…今日もまだ、廊下を歩いているときなどに若干残っていました。

さて、今日は「飛鳥II」船内のショップで買った、お土産のチョコレートの写真を上げてみたいと思います。
職場に配るために、このチョコレートを2缶買いました。まるで24色のクレパスでも入っていそうな形の缶。モロゾフ製の限定品です。中には6×5=30個のチョコレートが入っています。
職場で配った後、1缶の半分くらいが残ったので、とりあえず持ち帰ってきました。

1404998266915.jpg

さて、実はこのチョコレートを船内で買ったとき、値段は2割引くらいの安売り価格になっていました。
賞味期限を見ると8月10日。あと一ヶ月しか残っていません。チョコレートにしては短いです。
なるほど…どう見ても、賞味期限間近の在庫を安売り処分という感じでした。帰ったらすぐ配るものなので別に問題はありませんし、安いのはむしろ歓迎です。
飛鳥IIは、この小笠原クルーズの直前は、3月から7月までずっと世界一周クルーズでした。となると、このチョコレートは

「3月の出発時に船に積まれて、数ヶ月かけて世界一周してきたチョコレート」

ということになるのかも知れません。ええ、その可能性は高いだろうと思います。
ちなみに、私も2つほど食べてみましたが、柔らかめの甘いミルクチョコレートで美味しかったです。特に風味が落ちている気配もありませんでした。
(もちろん、世界一周で熟成された味…というわけでもありませんでしたが)

|

« 栗コーダーカルテットの船内コンサート | トップページ | 暑い… »

臨】[2014年7月]小笠原への船旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界一周した?チョコレート:

« 栗コーダーカルテットの船内コンサート | トップページ | 暑い… »