« しばらくぶりにスープカレーカムイで… | トップページ | 買ってから一年七ヶ月のバッグ »

2016.05.13

持ってる株がTOBになったときの覚え書き

今日は、一年半ほど持ち続けたニフティの株(単元の100株だけですが)を売却しました。さらば我がニフティ株…。
先月、親会社の富士通によるTOBと完全子会社化が発表され、価格は1495円。それゆえ、どうしようかなと色々調べていたのですが、結局は普通にオンライントレードにて売却することにしました。
売却価格は1491円。一応、売却益は僅かながら出ました(一人焼肉一回分くらい…)。

ニフティ株を買ったのは、2014年に「富士通がニフティを売却か」というニュースが流れたときでした。
昔からニフティには(パソコン通信時代から)お世話になっていましたし、今使っているブログサービスもニフティです。それゆえ、「株を持って応援したい」という気持ちから、たまたま少し余っていたNISA枠を使って買ってみたのです。
それから一年半、結局、富士通がニフティを売却するのではなく、逆に富士通が株を全部買って完全子会社化…。今後のニフティがどうなるのか気がかりですが、頑張って欲しいものだと思います。
(そうでないと私はブログを引っ越さなければならなくなるので…)

さて、自分の持っていた株がTOBということになったらどうするか、今回調べて考えたことを覚え書きにしておきたいと思います。
株に詳しい方が読んだら「今更…」「ちょっと違うところも…」と思われるかも知れませんが、どうぞ大目にみてやってください。(重大な誤りがございましたらコメントいただけると嬉しいです)

・公開買付の手続きは代理人となった証券会社が行う(今回のニフティの場合はSMBC日興証券)
・SMBC日興証券に口座があってそこで株を持ってる場合は、公開買付に応じるのは簡単にできる
・しかし、それ以外の証券会社で株を持っている場合、日興の口座を作ってそこに株を振り替え…なかなか面倒
・株式市場で株価が上がり、買付価格に近い金額になれば、単純にオンライントレードで株を売ってしまうのが一番簡単
・実際、ニフティの株価は公開買付の発表後に急激に上昇し、ここ数日は1490~1491円で推移している
・公開買付金額が1495円と発表されている以上、それより上がるのはあまり期待できない
・自分の持ち株数は100株だから、1495円ではなく1491円で売ったとしても、金額は400円しか変わらない
・このまま株を売らず、公開買付にも応じなかった場合、あとで売り渡し請求が来て1495円で買ってくれる
・ただし、その場合の税金の扱い方については不明(NISAで買った株だから売却益は非課税になるはずだけど…売り渡し請求で売買した場合も非課税になるのかどうかは…調べないと分からない…)

以上のような理由から、結局、株を今日にでも売ってしまうのが一番無難という結論になったわけです。
応援の気持ちで買った株なので、最後の最後まで自分で持っていたいという気持ちもありましたが…。やはり結局は、「そこそこ高くなったところで売る」という楽な方法を選択してしまいました。

|

« しばらくぶりにスープカレーカムイで… | トップページ | 買ってから一年七ヶ月のバッグ »

微妙に(略)投資日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

自分も日本車両でT O Bになってちょっと儲かりました。西武鉄道もTOBになりましたが1600円じゃぁ安くて応じなかったのですがそしたら3,000超えました。TOBっていいもんですね。

久々に鉄道の立体写真いって欲しいです。特に走行中の写真は撮れませんから。

投稿: 東重千代 | 2016.05.16 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50860/63623641

この記事へのトラックバック一覧です: 持ってる株がTOBになったときの覚え書き:

« しばらくぶりにスープカレーカムイで… | トップページ | 買ってから一年七ヶ月のバッグ »