« 言語学習の秋… | トップページ | 連休の終わり »

2016.09.24

急にホワイト餃子が食べたくなり…

Dsc_060701

「ホワイト餃子かぁ…食べに行ってみようかな…」

おととい、Twitterにて「ホワイト餃子」の話題を振っている人がいるのを見かけた影響で、昨日あたりから何だか段々とホワイト餃子を食べたくなってきました。

確か去年ぐらいだったか、ホワイト餃子の名前を聞いて「白い餃子?」と思ってググって調べたことがあります。Wikipediaの「ホワイト餃子店」のページや、公式サイトなど見て「美味しそう…」とは思ったのですが、食べたいけど近所に無いのが残念…というところで興味は停まってしまいました。いわば、「好奇心の種を拾ったけど、まだ開花していない」ような状態だったでしょうか。
今回、再び興味と食欲が湧いてきてしまったので、今日の夕方、クルマで国道16号を走り、神奈川県唯一の店がある相模原に行ってきました。

行ってきた店は、小田急相模原駅の近くにある「相模原萬金」です。公式サイトによれば「技術連鎖店」だそうで、店先にもメニューにも「ホワイト餃子」の表記はあまり見当たりません。でも、出てきた焼き餃子は、ネット上の写真で見た「ホワイト餃子」そのものでした。
ホワイト餃子は別に白いわけではなく、焼き餃子ですのでちゃんと焼けています。普通の餃子と違って丸っこく、皮も何となく丈夫な印象で、「小さな薄皮肉まんじゅうを焼いた」ような感じですが、中身はちゃんとした餃子です。普通の餃子よりもちょっと大きめで、一個一個の食べごたえがあるような気がしました。

焼き餃子の他に鉄鍋蒸し餃子も注文。こちらは普通の蒸し餃子ですが、蒸し野菜もたっぷり入っています。何となく、中国の大衆食堂で食べた料理の香りと雰囲気が漂ってくる感じでした。

結局、焼き餃子10個、蒸し餃子6個とわかめスープで、すっかり満腹になりました。
でも、周囲を見渡すと、何だか皆さん餃子の注文個数が多いです。親子2人で40個注文して夢中で食べている人も…。
「これ持ち帰りにしたいです」と頼むと、持ち帰り用のプラスチックケースを貰えるようですので…たくさん頼んで心行くまで食べて、残ったらおみやげに持ち帰る、というスタイルの人が多いのかも知れません。
私は今回は持ち帰りにせず、完食して少々苦しい状態で会計して店を出ました。

ちなみに、店の横の駐車場はかなり広く、しかもクルマの出入りが結構頻繁でした。地元での有名店なんだなということが、駐車場を見ても感じ取れるように思いました…。

|

« 言語学習の秋… | トップページ | 連休の終わり »

微妙に(略)好奇心の種」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 急にホワイト餃子が食べたくなり…:

« 言語学習の秋… | トップページ | 連休の終わり »