« 今回の伊豆大島旅行 | トップページ | 保険ショップで相談(2回目) »

2017.03.21

伊豆大島のカプセルホテル

Dsc_088901

伊豆大島への旅行を終えて連休明け。
今日は仕事を定時で終えた後、帰りがけにスーパーで鳥唐揚げを買ってから帰りました。この唐揚げに、大島で買ってきた青唐辛子醤油をかけて、大島での思い出の味をちょっと再現。そして島の焼酎「御神火」をちびちび飲みながら、このブログ記事を書いています。
(大島の居酒屋、そして翌朝の食堂で、青唐辛子の効いたピリ辛の唐揚げが印象的だったので…)

さて、今回の伊豆大島旅行で泊まった宿は、元町にある「カプセルホテル アイランド伊豆大島」でした。
旅行計画中に地図を見ていて、「え?大島にカプセルホテルがあるの?」と少々意外だったので…。好奇心が湧いてきて、ついつい今回はカプセルホテルにしてみました。
このカプセルホテルのカプセルは、概ね普通のものでした。テレビは無かったものの、換気設備はしっかりしていて室温や寝心地は問題なし。カプセルの外の通路には個別のロッカーも並んでいて、荷物を置くのにも不便はありません。
そして、ホテルの女将さんが親切で世話好きの人でして…なかなか心和やかに過ごすことができました。(カプセルホテルで「女将さんが親切」というのも、都会の感覚では妙なことですが…伊豆大島だと普通に感じてしまいます)

Dsc_082801

このカプセルホテルで、私がちょっと注目したのは、中に入ったときの微妙に不思議な雰囲気でした。
そこそこ古い二階建ての建物です。何かの店だったのを改装したのかな…と思っていたのですが、中に入ると何となく高い天井、広い室内、声が適度に反響する空間…。その広い部屋を衝立で半分に区切り、向こう側は眼鏡屋さん、こちら側がカプセルホテルのロビーとフロントになっています。
カプセルルームは、このフロント前から頑丈なドアを開け、階段を上がって二階にあります。この階段がまた…地味な色合いの石造りで、ちょっと薄暗くて時代がかった雰囲気です。そして踊り場には大きな油絵が飾られています。(冒頭の写真)
二階は天井が極端に高いわけでもなく、普通の…元々事務所だったような感じの部屋でした。そこにカプセルが並べられています。

この建物はもしや…と思い、翌朝、女将さんに質問してみました。

「もしかして、この建物はもともと銀行だったのですか?」
「そうです、よく分かりましたね!」

おお、褒められてしまいました。(*^_^*)
私はかつて「地方銀行巡り&封筒集め」という趣味をもっていた時期があったので、地銀の地方都市の支店は見慣れていたのです。その経験を久々に思い出しました。
女将さんによれば、この建物はもともと東京スター銀行、その前は中部銀行だったそうです。
ううむ…伊豆大島に東京スター銀行があったというのも、中部銀行(静岡県の第二地銀)だったというのも、ちょっと意外でした。

あとでWikipediaを調べてみたら、中部銀行は2002年に経営破綻し、「静岡県内の支店は清水銀行と静岡中央銀行に、神奈川県と東京都の支店は東京スター銀行に営業譲渡された」とのこと。伊豆大島は東京都なので、東京スター銀行に移ったというわけです。
あくまでも想像ですが、東京の都市部に派手な支店をたくさん出している東京スター銀行にとって、伊豆大島の支店というのは結構場違いで扱いにくい存在だったのかも…。もし清水か静岡中央に移っていたら、撤退しなくて済んでいたのかも知れません…。
ちなみに、東京スター銀行のWikipedia記事にも大島支店のことが書かれていました。廃止は2009年だったようです。
そして、閉鎖されてそのままだった銀行が、何年か後にカプセルホテルとして再活用されるようになった…というわけでしょう。
(現時点のGoogleストリートビューでは2013年の写真が表示されますが、半分は眼鏡屋さんになっていますがカプセルホテルは未開業でした)

では、中部銀行(かつての中部相互銀行)は、いつ頃どんな理由で出来たのかな…。
ネット上でググって調べただけでは、この疑問の答えはうまく見つかりませんでした。そのかわり、昭和40年の国会で大島大火の状況が説明されたときに「中部相互銀行大島支店」が全焼した旨が記録されていました。
ううむ…昭和40年には既に中部相互銀行があったのですね…。そして、現在カプセルホテルになっている建物は、大島大火からの復興建築物だったのかも知れません。(ぱっと見て推定できる築年数、大体そのくらいの感じがするので…)

そんなわけで、久々にかつての「地方銀行趣味」を思い出してくれるようなカプセルホテルでした。
あの気さくな女将さんのことを思い出すと、そして、実は結構貴重な建物なのかもと考え出すと…。このカプセルホテル、末永く続いてほしいなと思います。
もしかすると、次回また大島に行く際には、また泊まってしまうかも知れません。

|

« 今回の伊豆大島旅行 | トップページ | 保険ショップで相談(2回目) »

微妙に(略)好奇心の種」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50860/65048851

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆大島のカプセルホテル:

« 今回の伊豆大島旅行 | トップページ | 保険ショップで相談(2回目) »