« 理想的な日食観察 | トップページ | エンパイアビルダー号の旅 »

2017.08.23

発車一時間前

Dsc_193801

ただいま午後9時過ぎ。セントポール・ミネアポリスのユニオンデポ駅にて、エンパイアビルダー号の到着を待っているところです。
ユニオンデポ駅は、この街で歴史的建築物として保存されている非常に立派な駅です。しかし、この立派な駅に停車する列車は、シカゴとシアトル/ポートランドを結ぶ寝台列車「エンパイアビルダー号」だけです。(バス乗り場も併設されていて、そちらは一日何本かはあるようですが…)
おそらく、この「エンパイアビルダー号」まで含めて、アメリカの鉄道史の文化財として保存されているのでしょう。そんな列車にこれから乗って、二泊三日の寝台個室でシアトルを目指そうとしております。

今朝はポートランドのホテルで目覚めたあと、荷物をまとめてホテルを出て空港に向かい、ポートランドからミネアポリスまでデルタ航空の国内線で移動しました。飛行時間は3時間ちょっとですが、ポートランドとミネアポリスには2時間の時差があるので、11時半に出たのに到着は午後5時前。ほぼ移動だけに使ってしまった一日になりました。
ミネアポリスの空港からは、ライトレールを乗り継いでユニオンデポ駅へ移動。気温も湿度も快適で、空は青くて、街並みも落ち着いていて、とても良いところだなというのが第一印象でした。
(今回は数時間の滞在ですぐに西海岸に引き返すので、あまり観光することはできませんでしたが…)

「エンパイアビルダー号」の乗車券(ウェブで購入してセルフプリントアウトです)を窓口で見せると、寝台車乗客専用のラウンジに案内してくれました。古めかしくて雰囲気のあるラウンジですが、ちょっと暗いのが難点でしょうか。でも、セルフのコーヒーなども揃っていて、ゆったりと待つことができます。
この列車にとってユニオンデポ駅は途中駅。寝台に乗る人はどのくらいいるのかな…と思っていたのですが、9時を過ぎると既に10人くらいが集まってきていました。

さて、この寝台列車の旅、どんなことが待っているでしょうか?
(夜更けの発車なので、出発したらとりあえず寝るしか無いかも知れませんが)

|

« 理想的な日食観察 | トップページ | エンパイアビルダー号の旅 »

臨】[2017年7-9月]ソウル・米国・ソウル旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50860/65699465

この記事へのトラックバック一覧です: 発車一時間前:

« 理想的な日食観察 | トップページ | エンパイアビルダー号の旅 »