« 急に右手が痛いので… | トップページ | 季節はずれの暑さの中へ »

2018.10.06

右手の親指の付け根が痛い

やれやれ…。一晩寝て起きたら多少は楽になりましたが、まだ右手の痛みは残っていて、しばらくは力が入りそうにありません。
キーボードを使うのには特に問題はありませんが、食事はしばらく左手を頼ることになりそうです。

昨日、仕事を終えてシャワーを浴びているとき、急に右手の親指の付け根が(捻挫したような感じで)痛み始めまして…。おそらく、タオルを絞ろうとして変な感じで力を入れてしまったのが原因みたいです。
最初は、タオルを堅く絞れないなあ…というくらいだったのですが、だんだんと痛みが増してきてしまいました。なんだかんだで右手の親指って使う頻度が高いです。そのたびにダメージが積み増しされたような感じでしょうか。

このブログのカテゴリー「微妙に(略)両利き練習」。
かつて、両利きになるための練習をそこそこ熱心にやっていた時期があって、そのときに作ったカテゴリーです。でも、さすがに3年ほどで飽きてしまい…。それ以降は今回のように、右手を痛めて左手が活躍というときの専用カテゴリーになってしまいました。
前回の記事は2011年…。ざっと7年ぶりに、かつての両利き練習が役に立つときが来たようです。

そんなわけで昨夜の夕食は、箸を左手に持って食べていました。
7年ぶりとあって少々苦労しましたが、すぐに思い出すことができました。大きくなってから覚えた分、箸の持ち方は右手より綺麗かも知れません。
それでも、「笹かまぼこの明太子のせ」を醤油につけるという動作は、さすがに難易度が高かったです。気がつくと、袖にシミが付いてしまっていました。

今朝の朝食は、先日の記事で紹介した無印良品の「ごはんにかける」シリーズ。そろそろ買い置きの数が減ってきましたが、今朝はその中からルーロー飯を選びました。
台湾旅行好きだった私が食べても、なかなか本場っぽくてしかも食べやすくて美味しいルーロー飯。左手でスプーンを持って、たちまち平らげました。(やはりスプーンだと楽だ…)

|

« 急に右手が痛いので… | トップページ | 季節はずれの暑さの中へ »

微妙に(略)両利き練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50860/67244608

この記事へのトラックバック一覧です: 右手の親指の付け根が痛い:

« 急に右手が痛いので… | トップページ | 季節はずれの暑さの中へ »