« Hot and humid day | トップページ | 昭和の娯楽 »

2018.12.05

新しいいきなりステーキ

Dsc_222901

「鶴見駅西口のミスタードーナツが閉店後、新しく入る店はどうも『いきなりステーキ』らしい」
そんな噂話を聞いたのは、一ヶ月ちょっとくらい前のことだったでしょうか。ふーんと思ってそのまま忘れかけていたのですが、おととい12月3日にとうとう開店したと知って、ついつい行きたくなってしまいました。
いきなりステーキ、2年前くらいには結構ハマって「肉マイレージカード」をゴールドカードにまで昇格させてしまったものですが、最近は何となく足が遠のいていました。でも、通勤経路上に新しく出来たとなれば話は別です。雰囲気が良ければ通ってしまうかも…。

今日の夕方に行ってみると、既に開店日から2日も経過したためか、それほど混雑はしていませんでした。
まずは肉を(一番安いのを)300グラム注文して、そして席に案内されました。
意外だったのは、店内の席がみんな普通の高さのテーブル席だったこと…。
元々、いきなりステーキは「ステーキを店内に入っていきなり立ったまま食べる」のがコンセプトで、基本的には立ち食いのカウンターばかりだったはずです。でも、さすがに立ち食いステーキというのは無理があったのか、背の高いカウンターチェアが置かれるようになり…。
そして新規店舗では、とうとう普通のテーブルになってしまった、ということでしょうか。

やがて運ばれてきた分厚いステーキ。
肉質もソースの味も、既に食べ慣れた「いきなりステーキ」の味ですが、席は普通の高さのテーブルと椅子です。…ええ、正直、やはりステーキは普通のテーブルで落ち着いて食べる方が美味しいです(笑)。

すっかり満足して店を出ました。
店の前でちょっと休憩していると、通りがかる人たちの多くが「いきなりステーキ?」と好奇の目を向けているのが印象的でした。

|

« Hot and humid day | トップページ | 昭和の娯楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50860/67453744

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいいきなりステーキ:

« Hot and humid day | トップページ | 昭和の娯楽 »