« 鶴見のお風呂巡り(その2:リブール) | トップページ | 寒い寒い… »

2019.01.09

干し枝豆が止まらない

Dsc_232901

今日は、仕事のスケジュールには余裕がある一方で、プライベートの方では金融機関巡りをする用事を抱えていたため、休暇を取ってしまいました。
一方で、おとといから着手した某クラブの会計事務作業の方もさっさと済ませてしまいたかったので、お昼までは自宅でパソコンに向かってあれこれと事務作業。そして、金融機関巡りは昼食を兼ねて昼過ぎに出かけることにしました。

さて、おとといから干し始めた枝豆、2日を過ぎた今日は、豆がかなり縮み、そして表面が白っぽくなってきました。
干し網から一粒取り出して試しに噛んでみると、まだ生干しの状態でしたが、それでもかなり歯ごたえを感じます。
枝豆の風味が濃縮された状態…ではありますが、絶品というほど美味しいわけではありません。もうちょっと干し続けてみましょう。

…ところが、何だかついつい食べたくなってきて、干し網を開けてまた一粒、また一粒…。

いわゆる「やめられない止まらない味」という奴でしょうか。事務作業中だというのに、思い出しては作業を中断して干し網を開けてつまみ食い、という状態になってしまいました。
結局、この枝豆は今日で干し終えて取り込み、新しい枝豆を干すことにしました。

午後になって街に出かけて、金融機関巡りと昼食を終えた後、スーパーに立ち寄って冷凍枝豆を購入。この店には「むき枝豆」は見当たらなかったので、普通の枝豆にしました。
そして帰宅後、冷凍枝豆を流水で解凍して、中から豆粒を取り出す作業を延々と続けました。この作業を全部終えた後、おとといからの干し枝豆と入れ替わりに干し網に入れて、夕方くらいから干し始めました。

雨の無い日が続いていますが、今度の週末には関東南岸に低気圧が来るとのこと。それまでの間に、この新しい枝豆、どこまで乾いてくれるでしょうか…。

|

« 鶴見のお風呂巡り(その2:リブール) | トップページ | 寒い寒い… »

微妙に(略)好奇心の種」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 干し枝豆が止まらない:

« 鶴見のお風呂巡り(その2:リブール) | トップページ | 寒い寒い… »