« 雨の高雄にて | トップページ | 寂しさと虚無感の連休明け »

2019.05.07

高雄から帰国

Dsc_282501

今日はとうとう旅行から帰る日…。朝5時に起床して荷物の支度を整え、6時にホテルをチェックアウトして高雄国際空港に向かい、朝8時15分のバニラエアに乗って成田に帰国しました。
成田からは東京駅行きの1000円バス(アクセス成田)で東京駅へ。そして東海道線に乗って家路を急ぎ、夕方4時過ぎに無事に自宅に到着しました。
しばらく休憩後、洗濯物をバッグに入れて外出し…。ただいま、コインランドリーで洗濯中にこのブログ記事を書いているところです。

上の写真は、今回泊まったホテル「京城大飯店」の窓から撮った今朝の高雄駅です。雨は止んでいたものの、どんよりとした曇天。正面には高雄85ビルがありますが今朝は見えませんでした。
高雄駅の真ん前にあるホテルとあって、かつて台湾旅行に頻繁に行っていた頃は(台湾鉄道旅行にも非常に便利だったので)、この京城大飯店に泊まり慣れていました。今回は数年ぶりの高雄宿泊。懐かしい思いでここを選びましたが、やはり設備類はかなり古びています。そろそろリニューアルが必要な頃かな…。でも、部屋の掃除は行き届いていて快適でした。
しかも、今回の部屋は幸運なことに1202号室。12階から高雄駅を一望できる部屋です。いわゆるトレインビュー…の部屋だったのですが、高雄駅は去年地下化されたので、もう列車を見ることはできません。そのかわり、新しい高雄駅の工事が進む様子を詳しく観察することができました。
南側の駅舎(前站)は既に取り壊され、パワーショベルが数台で整地作業を進めているようです。ホームをまたぐ連絡通路も既に無く、橋脚だけが残っています。北側の駅舎(後站)は未だ解体前ですが、閉鎖されて静まりかえっています。これももうすぐ取り壊されるのでしょう。
そして、この広大な工事中エリアの真ん中に、新しい高雄駅の第一期完成分が、まるで離れ島のように明かりを灯しています。

今は工事の真っ最中とあって、京城大飯店から高雄駅に行くまでには、臨時通路をちょっと遠回りしなければなりません。今回の旅行では、それが何かと行動のネックになったものです。(意外と遠くて面倒で…)
さて、しばらくの後に、高雄にまた旅行してこの京城大飯店に泊まる機会はあるでしょうか…?
もし、そんな機会を持てたら、できればこのステーションビューの部屋を指定して泊まって、高雄駅工事の進捗を眺めてみたいものだな…と思います。
(その頃には、遠回りしなくても駅から京城大飯店まで直接行けるはず。そう願っています…)

|

« 雨の高雄にて | トップページ | 寂しさと虚無感の連休明け »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の高雄にて | トップページ | 寂しさと虚無感の連休明け »