« 一人焼肉の店再訪 | トップページ | バス乗り継ぎの小旅行 »

2019.08.16

餃子食べつつ思い出す

世間的には休みの人が多く、電車が空いていた一週間。私の仕事はカレンダー通りでしたが(何しろ夏休みは7月に取得済み…)、その週もとうとう金曜日です。
仕事を終えて帰る途中、「今夜の夕食はどうしようかな」と考えているうち、何だか無性に日高屋のダブル餃子定食が食べたくなってきました。ついつい日高屋に立ち寄って、ちょっと冷房の効きがいまいちの店内に入って、そして生ビールと共に注文。

日高屋のダブル餃子、安くてボリュームがあって、その割には味もちゃんとしていて、良く出来た食べ物です。ビールを飲みながら餃子をひとつ、またひとつと食べていく、幸せな時間…。

しかし今日は、餃子を食べていくうちに何故か、この夏の思い出が(いささか走馬灯のように?)頭に浮かび始めました。
夏の思い出といってもほとんどフィンランド旅行の思い出ばかりなのですが、ともかく、湖の遊覧船からの景色とか、昔ながらのサウナとか、そしてヘルシンキ市内に移動した後の街の風景とか…。
餃子を食べると思い出し、次の餃子を食べると思い出し、という状態です。何となく不思議な感覚でした。

まだ当分暑い日が続くとは言え、そろそろ夏の終わりと秋の気配を感じる時期。そんな時期に多量の餃子を食べたからかも知れません(!?)。
ともあれ、無事に餃子12個を食べ終わり、生ビールも飲み終わり、満足して店を出ました。(生ビールまで付けたのに千円札でお釣りが来るなんて、やはりコスパが凄く良いです)

さて、この土日の予定は…明日の夜は某会の飲み会でビアガーデンに行く予定が入っていますが…暑そうなのが少々気がかりです。

|

« 一人焼肉の店再訪 | トップページ | バス乗り継ぎの小旅行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一人焼肉の店再訪 | トップページ | バス乗り継ぎの小旅行 »