« 年越しの夢に導かれ… | トップページ | 正月の秋葉原でシュタゲ »

2020.01.02

秋葉原でスマホケース新調

Dsc_1601_1

年越しに見た夢は任天堂のコマーシャルでしたが、本来の意味の初夢…今朝の夢は「メイド喫茶に新人さんが入って、大勢の常連客(私を含め)からの喝采を浴びていた」という夢でした。
なかなか縁起が良い初夢…というか、今年もメイド喫茶巡りの趣味からは離れられそうにありません。(汗)

そんなわけで、今日は午後になって秋葉原に出かけてみました。
目的はもちろんメイド店巡りですが、その前にまずやりたいことが…。私のスマホのクリアケース、そろそろ経年劣化してる気配を感じるので、新年を機会に新調することにしました。「ある日突然ケースが割れてスマホが落下」なんてことになったら嫌なので、それを未然に防ぐためです。
私のスマホはXperia XZ1 Compact、既に随分前の旧機種なのでスマホケースの店頭陳列はなかなか見かけません。でも、ビックカメラのサイトで在庫状況を調べたら、秋葉原店には展示があるとのこと。さすがは秋葉原です。実際に売り場に行ってみたら、確かに何種類か、この機種のスマホケースが陳列してありました。
並んでるクリアケースのうちの一つには「Tritan(トライタン)採用」の表記があります。トライタン…あ、あれか、確かサイゼリヤのワイングラスがプラスチックに変わったとき、そんな名前の材料を使ってるという説明書きを見かけた…。
サイゼリヤのワイングラスとお揃いの材料なら、手触りや丈夫さに関しては何となく見当が付きますし、安心感もあります。そこで、このトライタンのクリアケースを選んで購入しました。

それにしても、サイゼリヤのワイングラスの材料名を覚えていたなんて、我ながらまだまだ化学系の脳は健在のようです。

老舗メイド喫茶「メイリッシュ」に入って、和装のメイドさんに迎えられてテーブル席に座り、そして正月メニューの中から…おしるこを注文しました。
おしるこを待つ間にスマホケースの箱を開け、そして早速スマホケースを新しいトライタンのものに交換しました。やがて、おしるこが到着(上の写真)。正月の昼下がりに食べる温かい甘味、ほっとするひとときでした。
そしてメイドさんに、「サイゼリヤのワイングラスと同じ材料のスマホケース買ってきたよ」と説明したところ…

「あ、あの美味しくないワイングラス…(汗)」

…ええ、私もそう思います(苦笑)。唇への感触がガラスとは大違いで、ワインの味まで美味しくなくなってしまう…。
実際、サイゼリヤのワイングラスがガラス製からプラスチック製に変わったときは、正直ちょっとがっかりしたものです。まあ、割る人が多くて仕方なかったのかも知れませんが…。

そんなわけで、このケースはメイドさんに「美味しくないスマホケース」との称号をいただいてしまったことになります。(笑)

|

« 年越しの夢に導かれ… | トップページ | 正月の秋葉原でシュタゲ »

微妙に(略)IT機器選び」カテゴリの記事

メイド・コスプレ店巡り2020」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年越しの夢に導かれ… | トップページ | 正月の秋葉原でシュタゲ »