« まずは山積みの郵便物から… | トップページ | 久々のポータル審査 »

2020.03.29

思い出のあるガラクタたち

今日は花冷えの日曜日…朝から雪が降り、クルマにも3センチほど積もりました。
昼過ぎには雨に変わり、まもなく止みました。クルマに積もった雪(春の雪なので水気を含んでぐっしょり重い雪です)を除けて、夕方にはクルマでコインランドリーに出かけました。洗濯しないと明日から着る服が無い状態とあって…さすがにこれは「不要不急なので自粛」とはいきません。
無事に洗濯を終えて、帰りがけにピザ屋に立ち寄ってMサイズのピザを購入。帰宅後、無事にピザで夕食を終えたところです。

さて、今日は自宅にて、昨日に続いて部屋整理で過ごしていました。
片付けるべき物は色々ありますが、さて今日は…考えた結果、パソコンデスクの下段の棚に長いこと放置状態になっていた諸々の品々の整理に着手することにしました。主に古いパソコン関係の物が多い筈ですが、具体的に何があるかは、既に私の記憶からは忘れ去られています…。

埃よけのためマスクをつけて、濡れ雑巾で埃を抑えつつ、棚からあれこれを引っ張り出します。
パソコン関係の物は意外と少なく、古いガラクタあれこれが多かったです。数年前、あるいは十数年前の品々。どれも「ああ、そういえば…」と思い出すことができる物たちでした。ただ、「思い出として大切に保管」ではなく「何となく捨てられないからここに」という感じで取って置き、長年の間に埃まみれになってしまったものが多かったです。

特に印象に残ったのは、(いつのことかは忘れましたが)東海道新幹線のグリーン車に乗ったときの紙おしぼりでした。その場で使わずに「記念に取っておこう」と持ち帰ってきたのです。何年も前のおしぼりですから、当然、中身の水分はすっかり飛んでいます。埃まみれでしたので、そのままゴミ袋に直行です。
いくらグリーン車とはいえ、新幹線の紙おしぼりなんて珍しい物でもありません(列車の絵柄があるわけでもなく…)。それを持ち帰って棚の片隅で数年放置し、そして結局使わずに捨てることになったわけです。この紙おしぼりにとって、そして自分にとって、この「記念にする」という選択は、結局失敗だったのかも知れません。
旅の思い出というのは、どのように残すのが良いのかな…と、あれこれ考えさせられました。

ともあれ、今日のガラクタ整理の結果、パソコンデスク周りのスペースに余裕が生まれました。気分も少しすっきり。
まだまだ片付けるべき物は多いですが、それはまた後日ということで…。

|

« まずは山積みの郵便物から… | トップページ | 久々のポータル審査 »

微妙に(略)ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まずは山積みの郵便物から… | トップページ | 久々のポータル審査 »