« 久しぶりのワイン宅飲み | トップページ | 針金ハンガーの工作 »

2020.04.15

自分の仕事について書いてみる…

仕事が自宅待機になって一週間が経過しました。
今日も自分の部屋で、掃除したりあれこれ整理したり…。整理すべきもののネタはなかなか尽きないので、退屈はしなくて済みますが、部屋整理は「自分の過去の整理」でもあるので、寂しい気持ちになることも多いのが難点でしょうか。

そうだ、自分が「テレワーク」ではなく「自宅待機」である理由でも書くことにしますか…。
(「感染疑いのため自宅待機」ではない、ということは強調しておかないと…)

普段は、このブログに私の仕事関係の話を書くことはほとんど無いのですが、たまには紹介するのも良いかと思います。
私の今の勤め先は某大手企業の研究所。ただし、正社員ではなく派遣社員です。研究チームでやっているのは(この表現で良いかは微妙ですが)実験助手みたいな仕事でしょうか。
実際に手を動かして実験する仕事が多いので、テレワークでやれることがそんなにありません。そのため、緊急事態宣言が出るまでは普段通りに通勤していました。そして緊急事態宣言に伴って「派遣社員は自宅待機」との指示が下り、自宅で過ごしているというわけです。
(進めていた実験は中断です。その前日には「そろそろ?」との思いから、停止や片付けもあらかた済ませました)

4年前まで、私の仕事は情報システム会社のSEでした。
SEにしてはホワイトな(あるいは閑職な?)部署だったので、残業はそれほど多くなく、結構気楽な日々を送っていたと思います。しかし、かつての私の本職は化学の研究職…。それが、詳細は省きますがSEに転身したというわけです。
それゆえ、「できれば研究職に戻りたいな」という思いは、長いことずっと持っていました。そこに早期退職の話が舞い込んできて、退職金の額が結構良かったもので、フラフラと心が傾いて…。

もう研究職の最前線で活躍できる年齢ではありませんが、助手でも下っ端でもいいから研究所で手を動かして働きたい…。実際、SEとしてずっとパソコンの前で仕事するのは、なかなかストレスが溜まるものでした。
収入減の心配が無いわけではありませんが、それでも、研究所で働けるなら、正社員でなく派遣社員でも別にこだわりはありませんでした。早期退職に踏み切ったあと、研究職専門の派遣会社に登録して仕事を探し、そして今の研究所で働くことになったわけです。

…さて、いつ仕事に復活できるかは分かりませんが…。
この自宅待機の日々、心を落ち着けて少しでも有意義に過ごせればいいなと思います。

| |

« 久しぶりのワイン宅飲み | トップページ | 針金ハンガーの工作 »

微妙だけども真面目な話」カテゴリの記事

コメント

やっぱり化学者に戻られていたのですね。同業者としては喜ばしいですがあなたのIT能力も知っているのでちょっと複雑な気持ちです。
私は社内ではコンピュータ屋をやっていて、外部の学会では化学屋として論文誌の編集委員会などで二股かけて活動していました。
定年退職後は化学屋専業で学会活動や大学で工業化学科の非常勤講師などをやりました。もうすべて引退して学会では聴衆にすぎませんが。
化学者として成果を上げられるよう心から願っています。

投稿: あんぷ | 2020.04.18 00:39

あんぷ様>
お久しぶりです。お元気で活躍されているようで何よりです。
私の所属先の研究テーマは、元々の専門だった有機化学とは随分と異なる分野ですが、それでも化学には違いなく、モル計算くらいは必要な所です。(詳しく書けなくてすみません)
あと、前職で覚えたデータベース関係の知識や経験が、測定データの解析に役立っているというのが、ここに来て良かったことでしょうか…。
お手伝いの派遣社員ゆえ、あまり成果物に名前を残せる立場ではありませんが、頑張っていきたいと思います。

投稿: 納ちゃん | 2020.04.18 16:39

久しぶりにメッセージの交換が出来て本当に嬉しく思います。時々登場する昔の車の話もなつかしいです。1度だけ乗せていただいたことがありました。
今までの経験が役立つお仕事をなさっているのを知り、本当に良かったと思っています。
私は現在のところコロナウィルス騒ぎで3月の初めから引きこもり状態です。薬を取りに行くのと食料品を買い出しに行く、毎月の生活費を貯金から下ろすため以外には家を出ません。家を出るときは外出専用に衣類を着て、マスクをかけ、薄手ゴム手袋をはめて消毒用エタノールの小瓶をポケットに入れて出ます。不特定多数が触れるところに手を触れた後はすぐにエタノールで消毒と用心をしています。80歳になったので感染すると命にかかわる可能性が大きいのでかなり真面目に対応しています。
早くこんな事態が収まって欲しいものです。

投稿: あんぷ | 2020.04.19 01:35

私も既に50代となり、重症化率の上がる世代でもあるので、出かけるのは必要最低限にして、それなりに注意を払っています。
ただ、家にこもっていると健康上の悪影響に色々気付くものですね。体力低下ももちろんですが、そこまでパソコン漬けでもないのに、遠くを見る機会が減って視力に影響したり…。
収束するまで、健康に注意しながら過ごしていきたいと思います。どうぞご自愛くださいませ。

投稿: 納ちゃん | 2020.04.20 07:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりのワイン宅飲み | トップページ | 針金ハンガーの工作 »