« 一日一初(5):蝋細工みたいなDVDケース | トップページ | 明日から私も自宅待機 »

2020.04.06

一日一初(6):通勤途中でシウマイ弁当を買う

Dsc_1805_1

私の今の仕事は、在宅勤務が出来るような性格のものではないので、今日も普段通り出勤でした。
ただ、先週までとは違うことがひとつ…。今日から社員食堂が臨時休業になるので、昼食を持参してくださいとの連絡があったのです。確かに最近の社員食堂は空いていましたから、仕方が無いのですが…。
さて、昼食として何を持参すれば良いでしょうか?(ちなみに、勤め先の周囲にはコンビニや食堂などはありません)

こんな時だからこそ、昼食にちょっとぐらい贅沢しても良いでしょう。
そこで、通勤途上で崎陽軒の売店に立ち寄り、シウマイ弁当を買って持っていこうと思いつきました。

横浜市民ゆえ、崎陽軒のシウマイ弁当を食べた経験はそれこそ何回もありますが、昼食のため通勤途上で買った記憶はさすがにありません。そもそも、崎陽軒の売店ってそんなに朝早くから開いているのかどうかも、今まで気にしたことがありませんでした。
そこで崎陽軒のウェブサイトで調べてみたら、駅構内の売店は結構朝早くからやっているのだなと、今更ながら気付きました。駅ビルの中の店は駅ビルに合わせて10時開店とかが多いですが、例えば横浜駅だと、中央通路の店や京浜東北線ホームの店は6時からやっています。

そんなわけで、今日の昼休みはシウマイ弁当でした。
いやはや、昼休みに食べるシウマイ弁当、美味しかったです。何というか…シウマイだけでなく、入っているいろいろなおかずの種類、それぞれの大きさ、味。どれも絶妙にバランスが取れていて…。長年にわたって多くの神奈川県民に親しまれ、育てられてきた商品とあって、完成度が非常に高いなあと実感しました。

でも、自宅でシウマイ弁当を食べても、新横浜駅からの新幹線で食べても、ここまで感心したことはありません。
きっと、あれこれ憂鬱になりがちな時期に、しかも職場の昼休みに食べたからこそ、この「シウマイ弁当の偉大さ」に気付いたのかも知れません。
ともあれ、満足感のある昼食となりました。ごちそうさまでした。

|

« 一日一初(5):蝋細工みたいなDVDケース | トップページ | 明日から私も自宅待機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一日一初(5):蝋細工みたいなDVDケース | トップページ | 明日から私も自宅待機 »