« 国土地理院の地形図がいっぱい | トップページ | カーテンレールの上にプラレール »

2020.05.16

行きたい場所探し

今日は朝から夜まで雨…。
一週間ほど続いていた夏のような気温も、今日は一転して涼しくなり、体調にも影響してしまいました。今日は部屋掃除には手を付けず、パソコンでネットを眺めたり、ボタンが取れた衣服のボタン付けをしたり、そして午後は昼寝したり…。のんびり過ごした土曜日になりました。
(部屋掃除を頑張り過ぎると、どうも翌朝の体調が悪くなるようで…。ハウスダストの影響かも知れないので、最近は一日当たりの部屋掃除の量を抑えめにしています)

昨日の国土地理院の地形図の影響で、今日はグーグルマップや国土地理院サイトなどを巡って、「行ってみたい場所探し」に没頭していました。
国土地理院地図サイトでは、標高を知りたい場所に画面中央のカーソルを合わせると、その場所の標高が表示されます。この仕掛けを見て、真っ先に試したくなったのは、日本一低い場所…八戸にある石灰石鉱山の標高を見ることでした。
…おお、確かに、マイナス140メートルなんていう標高が平気で表示されます…。周辺の標高は100メートル程度の丘陵地帯、そこにポッカリと開いた、石灰石の露天掘り鉱山の穴です。
グーグルマップの方で見ると、「八戸キャニオン」の名前で展望台があり、たくさんのクチコミも書かれています。ううむ、これは見てみたいです…。私の「行ってみたい場所リスト」に追加です。

地理院地図のサイトでは、カーソル位置の緯度や経度も表示されます。
既に行ったことがある場所ですが、八郎潟干拓地の中に北緯40度・東経140度の場所があり、「経緯度交会点標示塔」というモニュメントもあります。ただ、測地系が変わった影響で、今は北緯40度・東経140度の地点はここからズレてしまいました。実際に地理院地図で探すと、道から外れた田んぼの中…。でも、このモニュメントも再訪したい場所のひとつです。

そんなわけで、地理院地図とグーグルマップを併用して、面白い地形をあちこち見て回る机上旅行、なかなか楽しいです。

|

« 国土地理院の地形図がいっぱい | トップページ | カーテンレールの上にプラレール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国土地理院の地形図がいっぱい | トップページ | カーテンレールの上にプラレール »