« のんびり土曜日 | トップページ | ビールが美味い夜 »

2020.05.10

11年ぶりに飾った飛行機模型

Dsc_1853_1

書棚の上に、書類立てを幾つか並べたまま長年放置していましたが、この自宅待機期間に一つ、また一つと片付け始めました。
今日は最後の一つに着手。埃をかぶった書類立てを綺麗にしながら中身をチェックすると、古いカード明細書などに混ざって、昔の文通相手との手紙なども出てきました…。さすがに、捨てる決断は簡単には出来ません。ファイルケースを一つ用意して綺麗に片付け、収納箱にしまい込みました。
もしかすると、また数年後にこのファイルケースを開けて「さてどうするか…」と考え込むのかも知れません。

さて、これで書棚の上が綺麗になりました。書類立てをまた置く気はありませんが、何か飾り物を置くには良いスペースです。

そこで思い出したのが、ずっと引き出しに保管したままになっていた、飛行機の模型でした。
11年前、静岡空港の開港日にチャイナエアラインのチャーター便で(旅行会社のツアーに参加して)台湾に行ったのですが、そのときに記念品として貰ったボーイング737の模型です。旅行後も、飾ったりせずに記念に取っておきたくて、箱に入ったままでしまい込んでいました。
しかし、今回の部屋整理で私がとった方針のひとつは、「飾りものは収納箱や引き出しに眠らせず、部屋に積極的に飾ろう」…それこそが、記念品を記念品としてしっかり大切にすることだから…という考え方でした。(それ故に、キーホルダーを部屋にたくさん飾るための道具を手作りしたりしたのです)
飛行機の模型、既に11年近くも手付かずでしたが、これを機会に書棚の上に飾りたいと思います。

箱を開けて中身を取り出すと、パーツごとにビニール袋に収められたままになっていました。それぞれの袋を開けて、そして組み立てていきます。プラモデルとは違って、胴体に翼や台座を差し込んでいくだけなので、10分とかからずに完成しました。ちなみに、台座には「静岡ー台北 搭乗記念」と書かれています。

これを書棚の上に飾って、記念に写真を撮ってみました。(記事冒頭の写真)
飛行機の鼻先で壁に掛かっているのは、5月7日の記事で紹介した元素周期表です。どちらも、長年しまい込んでいた物を「これを機に飾らなきゃ」という思いで部屋に飾った…という点では共通しています。

そういえば、静岡空港も開港日に行って台湾旅行のために使って以来、一度も行ってないなぁ…。
横浜在住の身だとあまり利用価値は高くありませんが、コロナが落ち着いたらまた(空港見物だけでも)行ってみようかなと思います。

|

« のんびり土曜日 | トップページ | ビールが美味い夜 »

微妙に(略)ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« のんびり土曜日 | トップページ | ビールが美味い夜 »