« 退治 | トップページ | バジル香る部屋… »

2020.05.13

大豆のお肉のまとめ買い

Dsc_1855_1

昨日のことですが、マルコメのオンラインショップから「大豆のお肉」乾燥タイプ12袋が届きました。

この「大豆のお肉」、私は数か月前から愛用していたのですが、最近はどうもスーパーで見かけることが少なくなってしまいました。
(取扱店が減ったのではなく、私の行きつけスーパーのパターンが自宅待機の影響で変化したせい…かも知れません)
外出自粛の現在、あちこちのスーパーを巡って探すより、通販でまとめ買いするか…。そう思ってネットで探した結果、GW中に公式のオンラインショップで発注。そして今週になって発送通知メールが来て、昨日届いたというわけです。(マルコメの段ボール箱、なかなか和風で渋いデザインでした)

ブロック、フィレ、ミンチの3種類、それぞれ4袋ずつ。これだけあれば数か月くらいは足りるでしょうか。
袋の説明には、お湯に入れて戻すか、茹でて戻した後、各種料理に使う…と書かれていますが、私はかなり手抜きな使い方をしています。

  • ミンチタイプ…湯戻し時間は3分。カップ麺に適量追加してからお湯を入れ、「肉を増量」するのに使います。ミンチなので担々麺などによく合います。
  • フィレタイプ…湯戻し時間は5分。これも主にカップ麺への「肉増量」用ですが、熱湯5分のカップ(大き目なカップ麺や日清カップメシなど)に使うことが多いです。
  • ブロックタイプ…湯戻し時間は8分なので、カップ麺に直接追加は難しいです。炊飯器でご飯を炊くときに適量を追加(水加減はちょっと多めに)、炊き上がると「お肉」もすっかり柔らかくなっています。ここにレトルトカレーなどをかけて、よく混ぜてから食べると「おお、肉がたっぷり」感を味わえます。

ちなみに、今日の朝食は日清の「カレーメシ」にフィレタイプをたっぷり入れました(まとめ買い直後なので、つい景気良く入れてしまいました…)。
この「大豆のお肉」、食感は肉っぽいですが味はやはり大豆加工食品のそれです。でも、カレーに加えるとそんなに味は気にならず、「肉たっぷりカレー」の満足感を得ることができます。実際、今日の「カレーメシ」、何だか食後の満足感がかなり凄いカレーとなりました。

もっとも、カップ麺やレトルトカレーへの「肉増量」だけでは、そろそろ何となくマンネリになってきた気もします。もうちょっと真新しくて美味しくて、しかも手間がかからない食べ方、どんな方法があるかな…。

|

« 退治 | トップページ | バジル香る部屋… »

微妙に(略)ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 退治 | トップページ | バジル香る部屋… »