« 書棚の一番下の段 | トップページ | 暑い… »

2020.05.23

マルサンアイの株主優待が到着

Dsc_1868_1

マルサンアイ…マルサン味噌とマルサン豆乳で知られる会社です。
その株主優待がそろそろ届く時期かな…と思っていたら、今日の昼過ぎに届きました。郵便局のゆうパック、受付局は岡崎郵便局でした(岡崎にある会社です)。

「カッター禁止」の印以外に何の表記も無い、22センチ角の立方体の段ボール箱です(見た目があまりにも立方体だったもので定規で測ってしまいました)。開けてみたら、味噌関係商品が何種類かと、紙パック飲料(大半は豆乳飲料ですが、何種類か新製品もあります)が11本、そして蒸し豆のレトルトパックが2つ。ええ、いかにも味噌と豆乳の会社らしい優待品でした。
豆乳を最近あれこれ飲むようになったので11本の紙パック飲料は嬉しいですし、インスタント味噌汁も食事の際に重宝しますが、あまり自炊しない独身者としてはパック入り味噌はちょっと持て余すかも…。まあ、知り合いにプレゼントしようかと思います。

マルサンアイの株に着目して、初めて買ったのは、去年の12月のことでした。
当時は、大豆ミートの環境負荷の小ささに着目して、大豆関連の銘柄をあれこれと調べていたものです。大豆ミートに留まらず、豆乳や植物性代替乳についても調べていて…そして気付いたのがマルサンアイ(まだ大豆ミートには進出していません)でした。
調べるうち、「何となくユニークな会社だな」と興味深く思うことが幾つかあって…。

  • みそメーカー唯一の上場企業(もっと大手のマルコメやハナマルキなどは非上場です)
  • 名証二部単独上場(一部のネット証券では扱ってない…とのことですが、私の使ってる証券会社なら平気でした)
  • 日々の出来高がかなり少ない(取引にいささか注意が必要ではありますが、世間のちょっとやそっとの動きでは左右されないという面も)
  • 9月20日決算(株主優待は年2回なので3月20日と9月20日が確定日)
  • 株主優待の階段が、100株・200株・1000株
    • 株主優待目当てで買うなら、100株ではなく200株買ってほしい…という意志が伝わってきます

そんなわけで、半分は興味本位で、しかし今後の豆乳市場の成長にも期待して、200株を買ってみたのです。
大豆ミートが「肉を食べるより環境にやさしい」と言われるのと同じ理由で、豆乳やアーモンドミルクなども環境にやさしい飲み物です。こうした食料の普及を、メーカーの株を買うことで支援して、そして成長したら自分も利益を得たい…。そんな気持ちで、このマルサンアイ200株は長期保有したいと思っています。

さて、今夜は早速、蒸し豆のレトルトパックを開けて、酒のおつまみにしてみますか…。
(環境負荷的には酒はあまり良くない(穀物や果物を酒にせずにそのまま食べる方が効率が良い)わけですが、まあそれは問わずに…)

|

« 書棚の一番下の段 | トップページ | 暑い… »

微妙に(略)投資日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 書棚の一番下の段 | トップページ | 暑い… »