« 純粋秋葉原外出 | トップページ | 東名の地元アピール横断幕 »

2020.06.21

横浜北西線で東名へ

この週末は、昨日に続いて今日も「純粋不要不急外出」。
昨日は電車で秋葉原巡りでしたが、今日はクルマで横浜北西線に行ってみることにしました。第三京浜の港北インターから東名道の横浜青葉インターを結ぶ新しい首都高、今年の3月に開通です。行ってみたいとは思っていたものの、開通の直後に不要不急の外出自粛となったため、なかなか行けないままになっていました。

曇り空の下、まずは首都高速湾岸線で大黒パーキングエリアに行って小休憩。既に開通している横浜北線と合わせて、ここから横浜青葉インターまで新しいトンネル首都高で繋がったことになります。
心の準備を整えて大黒を出発。まずは高架橋を生麦へ、そして丘の中腹のトンネルに入ります。この区間は既に通ったことがありますが、相変わらず「長いトンネルだなあ」と思います。やがてトンネルを抜けて新横浜の脇を通り、第三京浜の港北インターへ。ここからが今回の新しい開通区間です。

港北を通り抜けると道路は下り坂になって、トンネルに入るとさらに下り坂が続きます。長いトンネル、走っても走っても下り坂です。「こんなに港北と横浜青葉って高低差があるの?」と思いつつトンネルを進みます。そろそろ出口という頃に上り坂に転じて、そしてトンネルを抜けました。
(あとで調べたら、この長いトンネルは鶴見川の下をくぐっており、そのあたりの高さは海面下…。実質「水底トンネル」のようです)
トンネルを出てから少々で、もう東名の横浜青葉インターです。大黒PAからこんなにあっという間に東名へ出られるなんて、何だか不思議な感じです。

横浜青葉からは東名道の下り線に入りました。
東名をクルマで走るのも久しぶりです。特に急がないドライブなので、一番左の車線をトラックに合わせて速度控えめで走ります。右側の車線をどんどん追い抜いていくクルマたち。見ると、その大半が関東外のナンバーでした。県境をまたいだ移動、やはり少しずつ増えているようです。
しばらくマイペースで東名を進み、中井パーキングエリアにて休憩することにしました。クルマをパーキングエリアの駐車場に停めて、そして外に出ると…何だか急に暑くなりました。梅雨寒に包まれた大黒PAと違って、蒸し暑い夏の空気です。この短い距離の間にどうも、私は愛車と共に前線をくぐってしまったようです。

今日は夕方から部分日食です。日食開始まで中井PAでしばらく待ってみましたが、薄日が差していた筈が、気が付くと雲がさらに厚くなっていました。ううむ残念…今回の部分日食観察は断念しました。
結局今日は、中井PAを出て大井松田で東名道を降りたあと、インター出口のすぐ近くにあるモスバーガーで夕食。そして大井松田から再び東名道に乗って、新東名と圏央道を経由して帰路につきました。

| |

« 純粋秋葉原外出 | トップページ | 東名の地元アピール横断幕 »

微妙に(略)乗り物趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 純粋秋葉原外出 | トップページ | 東名の地元アピール横断幕 »