« 横浜北西線で東名へ | トップページ | 仕事帰りのサイゼでラム肉 »

2020.06.22

東名の地元アピール横断幕

「純粋不要不急外出」の週末を終えて、週明けの月曜日の今夜は、仕事帰りに秋葉原の行きつけの店で飲みながら、昨日のドライブの思い出を振り返って過ごしています。

昨日は、開通したばかりの首都高速「横浜北西線」を通り初めするのが目的でしたが、なにしろほとんどの区間がトンネルという路線ゆえ、正直それほど印象には残りませんでした。それよりも、横浜青葉インターから走った久々の東名道の方が、何かと面白かったものです。

特に印象的だったのは、綾瀬市に入ってから秦野市のあたりまであちこちの陸橋に現れた、東名沿いの自治体のアピール横断幕でした。単に「○○市にようこそ」みたいな簡潔なものではなく、印象に残るようなキャッチコピーがあれこれと…。なかなか楽しめたと同時に、「綾瀬市、大和市、秦野市…そこまで東名のドライバーに地元アピールしたいのか…」と、少々考え込んでしまいました。

後でググって調べてみたら、既にたくさんのドライバーに注目されて話題になっているようでした。紹介記事もあれこれ…。例えば

https://kanagawa-kenoh.info/tomei-oudanmaku/

ええ、確かに「70代を高齢者と言わない街・大和市」という横断幕は、私もかなり印象深く感じたものです。でも…「じゃあなんて呼ぶんだ」という疑問が湧いてくるとは思いませんでした。

70代を「高齢者と言わない」なら、呼び方は単なる中年、単に「おっさん&おばさん」だろうと思います。…と、そう書くと何だか身も蓋もない感じはしますが、よく考えれば、「ただのおっさん&おばさん」としての生活を70代まで続けられるのって、物凄い価値なのではありませんか?(昔、文明化する前の人類は平均寿命がせいぜい50代。その頃には50歳でも「高齢者」だったわけです。文明の力って凄い~と、50代になった今になると実感します)

と、真面目な(?)感想はともかくとして…。この自治体アピール横断幕、何だか全部写真に撮ってコレクションしてみたい気がします。でも、一人ドライブが殆どの私にとっては、運転中に横断幕の写真を撮るのはちょっと無理です。…そうだ、そろそろドライブレコーダーを買おうかな…。

|

« 横浜北西線で東名へ | トップページ | 仕事帰りのサイゼでラム肉 »

微妙だけども真面目な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜北西線で東名へ | トップページ | 仕事帰りのサイゼでラム肉 »