« 鶴見駅前で餃子と焼きそば | トップページ | 馬鹿スープカレー »

2020.09.12

家だと大きく見える現象

今日は基本的に自宅で過ごす土曜日でした。夕方くらいまで、部屋に籠って某会のパソコン仕事をやっていたものです。

夕方になってから、クルマで近所のスーパーに買い物に出かけました。
さて、今夜の夕食はどうするか…。惣菜コーナーに行ったら、トンカツの乗ったミートソーススパゲッティがあるのを見かけて、つい衝動的に買い物かごに入れてしまいました。
先月の群馬で食べた「シャンゴ風スパゲッティ」を思い出しますが、今日のこのスーパーは北海道フェア中です。このトンカツミートソースは「スパカツ」という釧路のB級グルメとのこと…。スパゲッティミートソースにトンカツを載せるのって、案外みんな考え付きやすい料理なのかも知れません。

この「スパカツ」だけだと何となく少なそうに見えたので、ザンギ4個入りのパックも追加しました。しかし…これは少々判断ミスでした。

スーパーの惣菜でも、あるいは家電量販店の家電でもパソコンショップのパソコンでもそうですが、
「店で見たら小さく見えたのに、自宅に持ち帰ったら予想外に大きくて困った」
という現象、世間的には何か名前が付いているのでしょうか…?

ともかく、ビールを飲みつつスパカツとザンギで夕食にしましたが、どちらも予想以上に量が多くて、半分も食べないうちに満腹感が近寄ってきました。結局はビールともども完食したのですが、一時間以上経過した今でもまだちょっと苦しいです。

それでも、なかなか美味しいスパゲッティとザンギでした。
次からは、ちゃんとカロリー表示を見て、多いか少ないかの判断をもっと正確にできるように心がけたいです。

|

« 鶴見駅前で餃子と焼きそば | トップページ | 馬鹿スープカレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鶴見駅前で餃子と焼きそば | トップページ | 馬鹿スープカレー »