« 高輪ゲートウェイの無人コンビニでボンタンアメを… | トップページ | オブラートを衝動買い »

2020.09.16

久しぶりのボンタンアメ

Dsc_0001_copy_1280x960

昨夜の記事に書いた、高輪ゲートウェイ駅の無人コンビニで買ってきたボンタンアメ。今日は開けて食べてみました。
うん、幼少時に食べたのと変わらない懐かしい味です。柔らかい食感も、歯にくっついてしまうところも、そして甘酸っぱい味わいも…。

私にはボンタンアメにまつわる子供の頃の思い出がある…筈なのですが、今となってはほとんど記憶の彼方です。
おそらく、好きだった女の子と一緒にボンタンアメを食べた思い出…のような気がするのですが、それ以上の具体的な出来事はもう分かりません。ただ、(味だけでなく比喩的な意味でも)甘酸っぱい思い出だったことは確かです。

パッケージも当時とほとんど変わりませんが、「そのまま食べられます」の表記が付いています。ああ、ボンタンアメのオブラート、そのまま食べるか剥がして食べるか、判断に迷うのは無理もありません…。
今日は英会話教室だったので、昨夜の無人コンビニの体験を話題にして、そしてボンタンアメも先生に見せてみたのですが、内箱を引っ張り出してみたら先生が「そこに英文が載ってるね」…。あ、本当だ、こんなところに英文の説明があります。言われるまでぜんぜん気付きませんでした。
オブラートは確か日本独自の製品だったはずです。先生に「本来は粉薬を飲むために使うデンプン製のフィルムだ」と説明し、おそらくドラッグストアでも売っていると話したところ、かなり興味を持ってもらえました。

ともあれ、鞄の中のボンタンアメひと箱のおかげで、今日は普段とちょっとだけ違う気持ちの一日になりました。

|

« 高輪ゲートウェイの無人コンビニでボンタンアメを… | トップページ | オブラートを衝動買い »

微妙に(略)ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高輪ゲートウェイの無人コンビニでボンタンアメを… | トップページ | オブラートを衝動買い »