« 土曜日の家籠り | トップページ | 初めてのダイキリ »

2020.10.11

趣味人生に共感…

私は普段テレビを見ないので(そもそも自分の部屋にテレビが無いので)、このブログでテレビ番組の感想を書くことは滅多にないのですが、それでもたまには書きたくなることもあります…。
(今夜は近所に飲みに行って、その店のテレビについつい見入ってしまいました)

「ポツンと一軒家」で取り上げられた、埼玉の山奥に立つアマチュア無線の一軒家。
山道を登った山頂に家が建ち、大きなアンテナが何本も林立。その主、飯塚さんは実は長年のアマチュア無線家で、家もアンテナも全部趣味で自分で建てたとのこと…。
と、それが最初に番組に取り上げられたのは2年前で、放送後は、飯塚さんの元に世界中のアマチュア無線家から「お久しぶり」の連絡が殺到したとのこと。
去年の台風でアンテナがやられたものの、また新しいアンテナを建てたいと笑いながら語る…。

ああ、一生をアマチュア無線に捧げて山頂に趣味の家を築き上げた人。なんと素敵な趣味人生だと羨ましくなりました。私はアマチュア無線には足を踏み入れませんでしたが、それでも、物凄く熱心な方がたくさんいる趣味であることは想像がつきます。
いや、アマチュア無線だけでなく、この世の中にはそれぞれ熱心な趣味者を抱えた熱い趣味が、それこそ星の数ほどある…。
私も趣味人生者の端くれとして、同じ空の下にある数多くの趣味世界と、そこに生きる多種多様な趣味者に対して、幸せあれと願わずにはいられません。

そして自分も…山頂に家は建てられなくても、やはり幸せな趣味人生を送りたいです。

|

« 土曜日の家籠り | トップページ | 初めてのダイキリ »

微妙だけども真面目な話」カテゴリの記事

コメント

アマチュア無線家の一軒家、見逃しました。残念。
戦後、アマチュア無線が再開されて3年後に当時中学生としては初めて2級アマチュア無線技士(当時は上級ハムの1級と2級しか資格が無かったので)の国家試験に合格した私にとっては、一軒屋で好きにアンテナを立てられる家とはある意味”夢の家”ですね。
かえすがえすも見逃して残念でした。

投稿: あんぷ | 2020.10.11 23:40

あの番組、たまたま飲みに行った店のテレビで目にして感動してしまったもので…。ある意味、偶然のいたずらかも知れません。
飯塚さんの表情の柔和で幸せそうだったこと、ともかく印象に残っています。
ちなみに、アマチュア無線と鉄道模型は、小学生の頃「やってみようか」と思って結局一歩を踏み出さなかったという意味で、私にとっての未達二大趣味です…。

投稿: 納ちゃん | 2020.10.15 06:59

あの番組、たまたま飲みに行った店のテレビで目にして感動してしまったもので…。ある意味、偶然のいたずらかも知れません。
飯塚さんの表情の柔和で幸せそうだったこと、ともかく印象に残っています。
ちなみに、アマチュア無線と鉄道模型は、小学生の頃「やってみようか」と思って結局一歩を踏み出さなかったという意味で、私にとっての未達二大趣味です…。

投稿: 納ちゃん | 2020.10.15 06:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土曜日の家籠り | トップページ | 初めてのダイキリ »