« スターケバブのピラフをもう一度… | トップページ | 今年のクリスマスイブの食べ歩き »

2020.12.23

コーヒーのグラウンド

今日は仕事帰りの英会話の日でした。今回で今年のレッスンは最後、次回は来年です。

この英会話教室のラウンジには、無料で飲めるコーヒーメーカーが置いてあります。レッスンの開始時刻になるまで、ラウンジでコーヒーを飲んで待つことにしたのですが……今夜はコーヒーメーカーのボタンを押しても動きません。
よく見ると、コーヒーかすを受ける容器が満杯になっていました。コーヒーかすを捨ててからボタンを押したら、今度はちゃんとコーヒーが出てきました。一件落着。無事にコーヒーを飲みながら待機です。

コーヒーかすって英語で何て言うのかな…??

英会話が始まってから、先生に質問してみたら「ground coffee」とのこと。ううむ、初めて知りました…。でもどうして「ground」?
先生の説明では、これは「地面」ではなく、grind(挽く)の過去形だそうで…。なるほど、つまり「挽いたコーヒー」です。(もっとも、コーヒーを淹れる前の粉コーヒーと、淹れた後の粉コーヒーが同じ表現というのは、ちょっと不思議でしたが…)

後で調べてみたら、英語版Wikipediaの記事に「Used coffee grounds」があることに気付きました。見ると、まさしく「コーヒーかす」について説明する記事でした。なるほどなるほど。(もっとも、この記事、園芸用途の説明としてWormがコーヒーかすを這っている写真が載っているので…この記事からリンクを張るのは避けてみます…)

ともあれ、英語ではコーヒーかすはグラウンド。覚えておきたいと思います。

| |

« スターケバブのピラフをもう一度… | トップページ | 今年のクリスマスイブの食べ歩き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スターケバブのピラフをもう一度… | トップページ | 今年のクリスマスイブの食べ歩き »