« 湘南ライナーお名残り乗車(5回目) | トップページ | タブレットのSDカード交換作業中 »

2021.01.20

マイクロSDカード購入

Dsc_0257_copy_1280x960

私が普段持ち歩いているタブレット端末(NECのAndroidタブレット)、もう買ってから3年半が経過し、さすがに今となっては旧型ですが、普段の用途では遅さなどはそれほど気になりません。まだしばらくは使えそうです。
ただ、ふと気になってストレージの空き容量を確認してみたら、もうほぼ一杯になっていました。マイクロSDスロットには64GBのカードを差してあるのですが、これも長いこと使っているうちにほぼ満杯です。

そういえば、マイクロSDカードの容量や値段の相場、ここしばらく調べてなかったな…。
調べてみると、今やもう256GBや512GBは当たり前で、1TBの製品も(ちょっと値段は張るものの)普通に存在するようです。ううむ…こんな小さなメモリーカードでテラバイトの容量…。
先月末にデスクトップパソコンを買い替えた時にも感じましたが、何年か調べていないうちに、浦島太郎みたいな気分になってしまいました。(汗)

高速性能はあまり重視しませんが、やはり信頼性は欲しいので大手メーカーがいいな…。そこで、256GB(今使っているカードの4倍)のサンディスクのメモリーカードにしたいなと思いながら、今日はパソコンショップに行ってみました。
壁に張り出された価格一覧表を見上げると、残念ながら、256GBのサンディスクUltraは(たまたまその店では)売り切れになっていました。その代わり、200GBの品物に在庫があるようです。

200GB…何だか半端な容量…。
普通なら200は切りが良い数字ですが、メモリーカードなどのパソコン機器に関しては、32GB、64GB、128GB、256GB、512GB…といった倍々の数字の容量が多く、こういった数字に切りの良さを感じるものです。ううむ、200GBのメモリーカード…。ちょっと気になりましたが、私の用途では問題ありませんし、しかも、この容量で3000円以下です。
結局、この200GBのマイクロSDカードを購入してきました。

後で調べてみましたが、なぜこんな「半端な容量」のメモリーカードが売られているのか、今一つ分かりませんでした。ただ、この200GBのマイクロSDが発売されたのは5年前で、当時は画期的な大容量カードとして扱われ、値段もかなり高かったようです。

ともあれ、無事に新しいメモリーカードを手にしました。
さて、古い64GBのカードから、この200GBのカードに早速データの引っ越しを…と思いましたが、今夜はもう疲れたので明日にします(笑)。

| |

« 湘南ライナーお名残り乗車(5回目) | トップページ | タブレットのSDカード交換作業中 »

微妙に(略)IT機器選び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湘南ライナーお名残り乗車(5回目) | トップページ | タブレットのSDカード交換作業中 »