« 休肝日の日曜 | トップページ | 今日はほぼステイホーム »

2021.02.22

自分の長い長い影

昨日に続いて天気が良く、しかも暖かかった一日。ただしその分、花粉も多く飛び始めたようです。鼻水はそんなに出なかったものの、何となく気分がぼんやりとした、気だるい一日でした。

夕方、休憩のため仕事場から外に出てみると、構内の道路が夕日に赤く照らされていました。自分の影がその路上に、相当に長く伸びています。建物の大きさと比べて目測すると、20メートル、あるいは30メートルはあるでしょうか。
まるで巨人の影のようになった自分の影、なかなかに驚かされる大きさでした。

日の入り直前になって太陽が低くなれば、影はその分だけ長く長くなる…。理科好きの小学生でも分かる単純なことではありますが、それでも、実際に「自分の影が長くなっていることに気づく」という経験は、少なくともここ数十年は記憶にありません。
天気の良い夕方に外にいるという場面は意外と少ないですし(平日だと、今日みたいにたまたま外に出ない限り、ほとんどの日は屋内にいます…)、たとえ外出していても、街中だと障害物が多すぎてあまり長い影にはなりません。
意図的に「夕日に照らされた自分の長い影を見たい」と思って行動しない限り、自分の長い影に偶々気付く機会というのは、実はとても少ないのかも知れないな…と思います。

自分が歩くと、長さ30メートル以上の自分の影も動く。
当たり前のことであっても、それが面白く感じられてしまいました。(…既に仕事と花粉で疲れていたためかも知れませんが…)

やがて夕日が沈んでしまったので、建物の中に戻って定時までもうひと頑張りして、そして定時になったところで退勤しました。

| |

« 休肝日の日曜 | トップページ | 今日はほぼステイホーム »

微妙だけども真面目な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 休肝日の日曜 | トップページ | 今日はほぼステイホーム »