« 休肝日 | トップページ | 時事通信社のメッセージR »

2021.03.04

お財布について考える…

Dsc_0316_copy_1280x960

数日前、Twitterを見ていたら、お財布選びに関して、ある若い人がこんなことを書いていました。

社会生活にてそこまで知らない人が人間性を判断するのに持ち物を見て判断する事が多いからそれなりの物を持たなくてはならない」

うんうん、確かにそうだなあ…と思いました。私が今まで長いこと使っていた財布は、どこかの露店あたりで買った(と思う)安物の札入れでしたから、ここは改めて「自分の人間性を判断してもらう」ことを念頭に財布を選び直さなければ…。

そして、考えた末に私が到達した結論は、上の写真の…昔クレーンゲームで獲った「カピバラさん(ホワイトさん)」のがま口でした(笑)。

もう既に、私の社会的地位は「早期退職して退職金を既に貰い、定時帰りの職場に再就職したセミリタイア者」ですから、そんなに高級なブランド財布で自分をアピールする必要などありません。私の今どきの生き方はもう「カピバラさん的」な緩さで、食べて寝ているのが好きな身ですし、そんな人間性を示すためには「カピバラさんのがま口」がうってつけだろうと思ったのです。
(以前のブログで「すみっコぐらしのねこのがま口」を紹介したことがありましたが、すみっコぐらしは自分のベクトルとは少々違うかも…やはりカピバラさんの方がしっくりきます)
それに第一、キャッシュレス決済をなるべく使おうと心がけた結果、人前で現金の財布を出す頻度が物凄く減りました。それなら、現金用の財布選びは思い切って遊んでみても良いでしょう。

そんなわけで、これを機会に、お財布の選び方や使い分け方について、今一度考えてみることにしました。

1. 現金とカード類を同じ財布に入れる必要は無い
世の中で多い財布は、札入れとカード入れが一緒になった大きめの財布です。私が長い間使っていたのもそうでした。しかし、実際に財布を出す場面を考えてみると、「現金とカードの両方に用がある」という場面は、実はかなり少ないです。
お店での支払いのときは大体、現金で支払うときは現金しか使いませんし、カードで支払うときはカードしか使いません。「ポイントカードを出しつつ、支払いは現金」というケースも、そもそもポイントカードのあるような店では大部分キャッシュレス決済が出来ますから、やはり最近はかなり少なくなりました。
それなら、現金は現金専用の財布、カード類はカードケース…と分けてしまった方がすっきりします。

2. 現金財布では、お札と小銭は一緒に突っ込みたい
お札は札入れ、小銭は小銭入れ。自分の現金をそう分けて整理することに長い間慣れてきましたが、いざ店頭で現金払いをするときは(大体の場合は急いでいますし)そんな風に分ける作業は面倒なだけだと思い始めました。
私が「カピバラさんの大きながま口」を使い始めたのも、がま口なら現金をお札と小銭に分けずにそのまま突っ込めるから…というのが理由でした。ええ、実際に使ってみると、ストレスなく便利に使えます。

3. ポケットには極小の小銭入れ
現金を使う機会は最近めっきり減りましたが、そんな今でも現金払いで残ったもので一番多いのは「飲み物の自動販売機」、次が「コインランドリー」です。(電子マネー対応の自販機も増えましたが、まだまだ現金だけの自販機は多いです)
それを考えると、ポケットには今でもやはり、小銭入れをいつも入れておきたいです。
ただし、大きさは極小で構いません(上の写真、右下側にある小銭入れ)。この小さい中に、必要十分な枚数の百円玉と五百円玉を入れておく…。入らない分はカピバラさん行きです。(なお、カピバラさん財布はポケットには入れず、定位置はバッグの中です)

4. カードは使用頻度で分類
普段持ち歩いている財布やカードケースの中には沢山のカード(クレジットカード、キャッシュカード、ポイントカードなどなど)が入っていますが、実際の使い方を振り返ってみると、頻繁に使うのはそのうち、たった数枚でしかありません。
「じゃあ、それ以外のカードは持ち歩かなくても良いのでは?」とも考えたくなりますが、実際は案外そうでもありません。たとえ数か月に一度の出番でも、出先で必要になるときは突然ですから、自宅に置いておいたら「しまった…持ってない」が頻発してしまいます。
そんなわけで、持ち歩くカードは主に使用頻度別に、次の3種類に分けてみようかと思います。

Sクラス:週に一度以上は使うカード(メインのクレカとキャッシュカードや、行く頻度の高い店のポイントカード)
Aクラス:月に一度程度のカード(サブのクレカとキャッシュカード)、および、あまり使わないけど持ち歩く必要のあるカード(免許証、保険証、マイナンバーカードなど)
Bクラス:それ以外のカード(たま~にしか行かない店のポイントカードなど)

そして、Sクラス専用に、薄くて身軽な代わりに5枚程度しか入らないカードケースを探してみたいと思います。
AクラスとBクラスは、カードがたくさん入るカードケースに入れて、バッグの底にしまっておけば良いでしょう。

Sクラス用の身軽なカードケース、今日はネット通販サイトなどでいろいろと調べていたところです。
これはさすがに、人前で出す機会も多いですし、キャラクターものなどではなくて、少しは高級感のあるものがいいのかな…と思っています。(笑)

| |

« 休肝日 | トップページ | 時事通信社のメッセージR »

微妙に(略)ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 休肝日 | トップページ | 時事通信社のメッセージR »