« お財布について考える… | トップページ | グランシップは大きな船 »

2021.03.05

時事通信社のメッセージR

Screenshot_20210305202133_copy_720x647_c

緊急事態宣言、2週間延長ですか…。
もうしばらく我慢の日々を続けなければなりませんが、めげずに過ごそうと思います。

でも、今回の記事のテーマは緊急事態宣言の話ではなくて……時事通信社の号外速報機能の話です。
この「号外速報」画像は私のドコモのスマホ画面、「ドコモメール」のメッセージR画面をキャプチャしたものです。スマホ普及よりもはるか以前、いわゆるガラケー時代の「i-mode」の頃から、このメッセージRという機能は備わっていました。

携帯大手3社から新料金プランがそれぞれ出揃い、私の身近でも話題にあがることが増えてきました。私は昔からのドコモユーザーなので、新料金プランに乗り換えるならドコモの「ahamo」になります。そこで、今日は遅ればせながら、ahamoについてあれこれ調べ始めました。
いやはや、調べてみるとなかなか魅力的です。値段は安いですし、20GBもあれば(そして5分以内の通話が無料ならば)、私のスマホの使い方なら十分です。手続きはすべてオンラインというのも、ネットを使い慣れた身ならそんなに大したことはありません。

ahamoに乗り換えるにあたっての唯一かつ最大の問題は、やはりキャリアメール(ドコモだとドコモメール)が使えないということでしょうか。

しかし、私の場合は、既にドコモメールは普段用のメールとしては使っていません。
普段使うメールはもう、プロバイダーのメールとGmailに移行し終わっています。ただ、プロバイダーのメールの方は、ドコモメールへの自動転送機能を設定して、届いたらすぐにスマホで読めるようにしていました。
(考えてみたら、Gmailアプリでもプロバイダーのメールサーバーにアクセスできるんだな…と思い、今日早速設定してみました。使い勝手が良ければ、いよいよドコモメールは用済みとなります)

最後に残った「使えないと名残惜しい」機能が、冒頭に書いたメッセージRです。
今となっては愛用している人なんてとても少なそうな機能ですが、私はi-modeを使い始めた頃から、このメッセージRで時事通信社の号外速報を受け取っていました。月額100円で使える機能。時事通信の臨時ニュースがプッシュ配信されてくるのです。単なるメールでも良さそうなものですが、メールボックスではなくメッセージRのボックスに届くので、臨時ニュースが来たと一目でわかり、使い勝手は良かったです。
確か、2001年のアメリカで起きたいわゆる「911」のとき、私が最初に知ったのはこのメッセージRででした。新潟県中越地震のときもまた然り。「上越新幹線が脱線」の速報を受け取って驚き不安になった数分後、「転覆していない、傾いただけ」という続報を受け取ってさらに驚き…。今でもあの夕方のことを思い出します。
時代がスマホになった今でも、時事通信社の号外速報サービスは続いていて、ニュース速報時の文体や画面は…上のスクショのように、i-mode時代の雰囲気をまだまだ残している感じです。

ahamoに移行してキャリアメールが使えなくなったら、メッセージRも多分使えなくなり、この号外速報も使えなくなるでしょう。
どうしても必須な機能というわけではなく、これを理由にahamoを諦めるほどではないのですが…。それだけにやはり、長年慣れ親しんだ機能とお別れするのは寂しいものです。

ともあれ、代替となるようなプッシュ通知式のニュース速報機能を探してみます。
今日はNHKのニュースアプリを入れてみました。これの使い勝手をしばらく試してみたいです。

| |

« お財布について考える… | トップページ | グランシップは大きな船 »

微妙に(略)IT機器選び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お財布について考える… | トップページ | グランシップは大きな船 »