« まんぼうという日本酒 | トップページ | 雪か雨かの境目の日 »

2022.02.09

「地球の歩き方ムー」購入

20220209_230915

Amazonでは2月10日発売となっていましたが、今夜Twitterで検索してみたら、各地の書店アカウントから発売開始のツイートが発せられていました。おお、既に書店に行けば買えるのね…。
早速、帰りがけに紀伊國屋書店に立ち寄って購入。想像よりも分厚くて立派で、ぱらぱらめくってみたら、物凄い沢山の不思議スポットが紹介されている様子でした。

日本の海外旅行愛好者なら皆知ってる老舗ガイドブックの「地球の歩き方」が、出版社が学研グループに移ったのをきっかけに、同じ学研グループの老舗オカルト雑誌「ムー」とコラボして、「異世界の歩き方」ガイドブックを作る…。まさかのコラボとしてネット上でも結構話題になっていたものです。
で、実はこのガイドブック、海外ガイドブックの巻末にはつきものの「旅の会話集」の言語として、なんとエスペラント語が選ばれまして…。
去年の秋に日本エスペラント協会に話が来て、企画書のPDFが協会内に回ったとき、それを見た私は「面白そう!私が担当したいです!」と真っ先に手を上げたのです(笑)。
そんなわけで、このガイドブック巻末の「旅で使えるエスペラント会話」のページ、協会内では私が主担当となって取り組みました。

まさか「地球の歩き方」の制作に(4ページだけとはいえ)関われるとは思いませんでしたし、やはりこれは、発売されたら真っ先に買ってみたくなりました。実際に手にした今夜。ずっしりとした「地球の歩き方ムー」を手にして、やはり嬉しかったです。
……さて、この本を手にした多くの「地球の歩き方ユーザー」と「ムー読者」の皆様が、果たして巻末まで読み進めて「エスペラント会話」に興味を持っていただけるでしょうか??自分ではかなり工夫したつもりですが、結果が出るのはこれから。期待と不安を感じているところです。

それはともあれ、さて、少しずつ私も読んでいきますか…。

| |

« まんぼうという日本酒 | トップページ | 雪か雨かの境目の日 »

微妙に(略)エス語使い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まんぼうという日本酒 | トップページ | 雪か雨かの境目の日 »