« 自宅で過ごす土曜日 | トップページ | 湯島にて »

2022.06.12

茨城日帰りクルマ旅

20220612_171918

今日は朝からクルマを走らせ、茨城県方面へと日帰りで出かけてきました。
主目的は古河のフラップタウン…前回は3月21日だったので約3ヶ月ぶりです。元々、ここにコンセプトカフェ「サンタクララ」が出来たのをきっかけに興味を持ち始めた場所ですが、「サンタクララ」の状況について最近はあまり情報が無く…。かわりに、パキスタン料理店「ドゥニヤ」の日曜限定ビリヤニが気に入り、再び食べたくなってきました。

ただ、フラップタウンに行く前に、まずは古河駅前の駐車場にクルマを停め、古河の街歩きを試みました。
今日はIngressの「セカンドサンデー」。ミッションを6つクリアすればメダルが貰えるという日です。この周辺で手頃なミッションはあるかなと探したら、ちょうど古河の街歩き1時間少々でクリアできる6連ミッションがありました。
ただ、古河駅から歩き始めたときは天気は落ち着いていたのですが、急に雷雲がやって来て…物凄い雨の中、雨宿りしながら移動する羽目になりました。それでも、雨はすぐに峠を越えて小降りになり、無事にミッション6つをクリア。
この途中で立ち寄った、永井路子旧宅が…実は「雨をやり過ごすため入館してみよう」という不純な理由で入ったのですが、ただひたすら懐かしい気持ちになりました。幼い頃に連れられて行った親戚の家の朧気な記憶…それを思い起こすような家。もちろんこの家そのものではありませんが、その頃の日本家屋には、このような佇まいの家が多かったような気がします。

20220612_121619

古河駅からクルマでフラップタウンに向かい、到着したのは午後1時半頃でした。「ドゥニヤ」店内に入ると店の夫婦(パキスタン人の夫と日本人の奥さん)に迎えられました。既にTwitter上ではすっかり知り合いになりまして…。
今日の日曜ビリヤニには、シリア式のケバブ「シャミケバブ」が添えられていました。見た目はハンバーグのようですが、ひよこ豆と肉で出来た料理で、食感は私にとって初めて体験する不思議なものでした。
ビリヤニもスパイスが本気で効いていて美味しく、食べている間、幸せな気分に包まれました。

20220612_133933

「ドゥニヤ」を出て「サンタクララ」の方を見ると、ドアが開いていて、横ではオーナーさんが作業中でした。話しかけてみたところ、今は休業中で7月には再開したいとのこと…。ちょっと残念でしたが、再開時には再び来てみたいと思います。

フラップタウンを出た後は、1時間ほどクルマを走らせて筑波山に向かいました。(一番上の写真)
筑波山温泉の日帰り入浴を探し、「つくば湯」へ。ところが、駐車場に入った頃、再び物凄い大雨…。しばらくクルマの中で待機しました。なかなか小降りにならないので、思い切って傘を差して小走りにクルマから玄関へ。ところが、着替えて露天風呂に出たときは既に空は晴れていました。ううむ、今日は天候に振り回された感じ…。
露天風呂からは筑波山の緑が良く見え、ロープウェイが動くのも小さく見えます。すっかり青空になり、いい気持ち…。長湯してしまいました。
風呂を出たらもう夕方。そろそろ帰らなければなりません。最後に、筑波山の麓の道路沿いでコインランドリーに入り、持参した洗濯物を洗って乾かしつつ、外に出て筑波山を眺めて過ごしました。
なかなか印象に残る日帰り旅。また茨城県にクルマで行ってみたいと思います。

20220612_182455
(コインランドリーの裏から見た夕方の筑波山)

| |

« 自宅で過ごす土曜日 | トップページ | 湯島にて »

微妙に(略)好奇心の種」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自宅で過ごす土曜日 | トップページ | 湯島にて »